お洗濯のわらべうたで足育トレーニング

この記事は1分で読めます

本日のすくすく足育クラスでは、桃が出てくるわらべうたを唄いながら身体を動かしました。
   
その中の一つがこちら。
  
♪ ももやももや ながれははやい
せんたくすれば きものがぬれる
あ どっこいしょ ♪
  
しゃがんだ姿勢で、布をもって洗濯する仕草をします。
この輪っかは ”たらい” に見立ててます。
家では本当のたらいを使ってもいいですね。

この遊びでのポイントは「腕を大きく前後に動かす」という意識をもって、洗う仕草をすることです。
この腕の動きが、歩いたり走ったりするときの腕の振りにつながっていきます。
  
「♪あ どっこいしょ」で立ち上がって腰をたたき、またしゃがんで、もう一度お洗濯の仕草。
この唄一つで、「立ったりしゃがんだり」という運動が、楽しく何度もできます。 
2016-03-08 10.47.50

洗った後には、ちゃんと干して、しまいました。
あえて少し高いところにロープを張り、踏み台を使って干すという、ここでも足を使う工夫をしています。
この踏み台は、100円均一ショップに売っている”風呂椅子”です。
2016-03-08 10.51.18 
   
受講されているお母さんの本日のクラスの振り返り(感想)です。

久しぶりに会えたみんなをみて、すごい笑顔でした。

やっぱりこの場所が、息子も私も大事な場所になってるなーと思いました。

私的に、お洗濯のよっこらしょがすごく好きです。

息子も一緒になってしてくれるので、家でいっぱいやります。

 

最近、娘のお歌が上手になってきました。

おトイレタイムはおむつもぬらさず、おまるにできました。

リズムでは音楽を覚えたようで、私よりも先にそのポーズになっていました。

IMG_6286 
6歳までの「今」しかできない足育があります。
歩きはじめから6歳までのお子さんのいるお母さん。
親子で楽しく遊びながら、元気な足を育てませんか?
⇒すくすく足育クラスのご案内ページはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

おすすめカテゴリー記事

RSS AmebaBlog 〜 身体も心も「足元」を育てる 〜