子どもが靴を左右反対に履く理由、そして解決方法は?

幼稚園・保育園での足育講座で必ずと言っていいほど聞かれる質問が「子どもがいくら言っても靴を左右反対に履く」というものです。
 
このたびメールでも、質問をいただきました。

Q.靴を左右反対に履く3歳の娘。どう直したら良い?

 
3歳の娘の事ですが、何度言っても靴を左右反対に履いてしまいます。
 
靴だけでなく、ビーチサンダルも反対に履いています。
 
外を歩くときに「右見て、左見て」というと、いつも反対を見ているので、左右が分かっていないということでしょうか?
 
このままにしておいても良いのか、どう直したら良いのか、アドバイスをお願いします。

  

A.3歳はまだ左右が分からない時期。
油性ペン1本であっという間に左右が分かりやすくなる♪

  
まずは左右を理解する時期について、次に子どもが左右反対に靴を履いてしまう理由、最後に左右を正しく履かせる工夫についてお答えします。
  

左右を理解するのは5歳~5歳6か月

 
子どもの発達の目安では、自分の左右が分かり始めるのは「5歳~5歳6か月」のこと。
 
思っていたよりゆっくりだと思いませんか?
 
「右見て、左見て」と言われていつも反対を見ているので心配されたかと思いますが、3歳の今は左右が分からない時期なので、気にしなくて大丈夫です。


     
子どもは、言葉と体感が結びつく経験を重ねることで、いろいろなことを理解していきます。
 
だから、日頃外を歩くときに「右見て、左見て」と声をかけられているのは、すごくいいですよ。
 
声をかけるのに加えて、指で「右」「左」を差すと、子どもが指を差した方向を見ると思うので、さらに左右が体感しやすくなります。

この日々を積み重ねていくことで、年中~年長の頃には左右を理解できるようになっていくと思いますので、待っていてくださいね。
  

なぜ子どもは靴を左右反対に靴を履くのか?

 
私は3人の子どもを育てていますが(この記事を書いている現在は、下の子が小3)、みんな靴を左右反対に履いてしまう時期がありました。
 
みやざき足育センターの親子足育クラスに参加している子どもたちも、やはり靴を左右反対に履いてしまう時期があります。
 
子どもが左右反対に靴を履いてしまうのは、足の発達と関りがあるそうです。

  
  
3歳頃の子どもは、発達の過程でX脚の傾向が強まります。
 
X脚の傾向が強い時期は、足のつま先が内側に向きやすくなるため、歩くときに左右の足の親指をひっかけて転びやすくなります。
 
どうやら、子どもはこれを防ごうとして、靴を左右反対に履きたがるようなのです。
 
  
ちなみに、3歳頃の生理的なX脚の傾向は、いつも足に合う靴を選び、毎日の生活の中でしっかり体を動かしていれば、歩行が確立する6歳頃に向けて変わっていくので、心配はいりません。
 
子どもの足の発達の流れについて、アシックスのサイトに分かりやすい図が載っていますので、ぜひご覧ください。 
  

大き過ぎる靴や脱げやすい靴でも、左右反対に履きたがることがある

 
子どもが靴を左右反対に履きたがる場合に、改めてチェックをお願いしたいのが、靴のサイズやデザインです。
 
相談や質問に来るお子さんの履き物を見ると、サイズが大きすぎる靴や、足首周りがゆるくて脱げやすい靴を履いているときにも、左右反対に履こうとする傾向があるように思います。

  
 
靴もビーチサンダルも、親指の部分が一番長く、小指の部分が一番短くデザインされていますよね。
 
左右を逆に履くことで、大きすぎる履き物が脱げないようにしているのではないかと思います。
   
「この靴の時は特に左右反対に履きたがる」ということがあったら、それが足に合っているかどうかを確認してみてくださいね。
  

油性ペン1本でできる、靴の正しい向きが分かる方法

 
3歳頃の子どもはまだ左右が分かりませんので、靴が正しい向きで揃っている状態が目で見て分かるように工夫すると良いです。
 
靴の左右が分かるように一対の柄になったインソールなども売っています。

そして、インソールがなくても、油性ペン1本で今すぐできる方法もあります。
 
それは「靴の側面に油性ペンで絵を描く」という方法です。
  

 
上の写真のように、靴の内側の側面に、向かい合わせになるように動物の顔を描きます。
 
そして「ネコちゃんとネコちゃんが”こんにちは”するように靴を置いて履こうね」と教えると、靴を正しい向きで揃えて置きやすくなります。
 
ぜひ試してみてください。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事は、メールマガジンで配信したコラムを加筆再編してお届けしました。
ご質問やご感想がありましたら、こちらよりお送り下さい。

100歳まで歩ける足を育てる保育士
足育アドバイザーⓇ 成田あす香