子どものサンダルはどんなものがいい?

夏の時期に多くなるご相談・ご質問が「子どものサンダル」についてです。
  
「履かせた方がいい?」
「どんなものがおすすめ?」

など聞かれることが多いです。
  
本日は、サンダル選びの基本についてお届けしたいと思います。

暑いからサンダルを履かせた方がいい?

  
「夏は暑いのでサンダルを履いた方がいい」と思っている方もいらっしゃいます。
 
でも、吸湿性の良い靴下を履いて、足のサイズに合う靴を正しく履けば、サンダルを履く必要はありません。
 
サンダルの方が良い場面、たとえば海や川やプールで遊ぶようなときには、必要に応じてサンダルを履かせてください。
 

どんなサンダルを選べばいい?

 サンダルの選び方も、靴の選び方と基本は一緒です。

  • ベルトで足の甲に合わせて止められる?
  • サイズが足の長さと幅にあっている?
  • 足の指の付け根のところで曲がる?
  • 底は衝撃を吸収する厚みがあり、滑りにくいもの?
  • つま先が少し反りあがっている?
  • つま先は足の指を圧迫していないか?

 
このポイントに当てはめてみると、履けるサンダルはかなり限られてくると思います。

サイズの選び方

靴を選ぶときには、【中敷き】を外して、その上に足を乗せて立ち、つま先の余裕が適切かを確認します。
  
ところが、サンダルの場合は、中敷きがはずせるものは少ないかと思います。
  
中敷きが外せないものでも、サンダルのつま先が開いているデザインなら、サイズが合っているかどうかが判断しやすいです。

つま先の余裕の目安は、次の通りです。

  • 靴のサイズが15cm以上の子ども靴→10mm程度の余裕
  • 靴のサイズが15cm未満の子ども靴→5~8mm程度の余裕

 

川遊びや磯遊びで履くサンダルはつま先を覆うものを

サンダルを履く目的が「川遊び」「磯遊び」の場合には、つま先が開いているデザインは危険なので、やめましょう。
 
水の中にいる間に爪や皮膚が柔らかくふやけ、そこに岩や石、流れてきたものが接触して、爪が折れたり剥がれたりしてしまうことがあるためです。
 
川や磯で安全に遊ぶための専用シューズもありますが、必ずしもサンダルや水遊び専用シューズでなくても大丈夫。

ワンシーズンに何度も使うのでなければ、スニーカーを裸足で履いて遊んでも問題ありません。


   

サンダルだからこそ、しっかり確認したいこと

「サンダルがいい」という場面は、水辺であることが多いと思います。
 
濡れた場所、濡れた履き物は滑りやすいので、底が滑りにくくなっているかどうかを、しっかり見てください。
 
また、プールサイドは硬いコンクリートのところもあり、底が薄くて柔らかい素材のものだと、足に負担がかかります。
 
サンダル選びこそ、底をしっかりとチェックして【衝撃を吸収する厚みがあり、滑りにくいもの】を選んでください。
 
 

サンダルを履くと、よく転ぶ?

 
「このサンダルを履くと、よく転ぶ気がするのですが…」という相談がよくあります。
 
そのサンダルを見せていただくと、かかとに支えがないデザインであることが多いです。


  
かかとに支えがなく、足の甲と足首はベルトで止まっていたりすると、歩くときに足が横にぶれてしまい、転びやすさにつながるようです。
 
特に歩き方がまだ不安定な1~2歳のお子さんの場合は、かかとの支えがしっかりしていて、足の甲を覆う部分が広いものを選んでほしいと思います。
  
また、つま先の反りあがりがなく平らなものは、つま先が地面につっかかって転びやすく危ないです。
 
サンダルを平らなところに置いた状態で横から見て、つま先の反りあがりがあることを確認しましょう。
  
  

以上「子どものサンダルはどんなものがいい?」のお話をお届けしました。
 
くどいかもしれませんが、暑くなったからサンダルを履かなくてはいけないわけではありません。
 
サンダルは、靴に比べれば足をサポートする力は弱いので、場面に応じて履き分けるようにしましょう。
 
間違っても、アスファルトの道やショッピングモールの硬い床の上を、サンダルで長い時間歩かせるなんていうのは、NGです。
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
   



【執筆】保育士/足育アドバイザーⓇ 成田あす香



この記事は、みやざき足育センターのメールマガジンで配信したコラムを加筆再編してお届けしました。

みやざき足育センターでは、どなたでも無料でお読みいただけるメールマガジンを発行しています。

ご登録いただきますと、このようなコラムのほか、みやざき足育センターが主催するイベントや講座の情報がいち早く届きます。

e-mailとLINE公式アカウントで同じ内容を配信していますので、お好みの方をご登録ください。