赤ちゃんの爪が割れてしまう…どう切ってあげるのがいい?《メールde足育相談室》

お読みいただきまして、ありがとうございます。

みやざき足育センターの成田あす香です。

今日は、赤ちゃんの爪に関して、
メルマガの読者の方からいただいた
ご相談を紹介させていただきます。

割れてしまう爪は、どう切ってあげるのがいい?

私は仕事柄、
爪の切り方を習ったことがあります。

しかし、子どもに実践しようと思っても、
爪を切る前に爪が割れることが多くて、
結果的にかなりの深爪になることもしばしばで…

「痛くないのかな?」とも思いますが、
子どもは平気そうです。
 
どう切ってあげるのがいいのでしょうか?

       
 
 

乳幼児の爪は割れやすい

私も爪の切り方の基本を知っていながら、
わが子の爪が割れたり折れたりするのに
悩まされていたので、お気持ち分かります。

乳幼児の爪は、
どうしても割れたり折れたりしがちです。

理由の一つに、
爪が薄くて弱いということがあります。

そして、もう一つの理由には、
うつぶせやはいはいの姿勢のときに、
床に爪をひっかけやすいということがあります。

子どもの爪が割れたり折れたりしてしまったとき、
私の場合は、まゆ毛用のはさみとやすりを使って、
尖ったところを整えて、様子をみました。

基本的には様子を見るほかありませんが、
もしも、炎症を起こしているときは、
皮膚科に行って診察を受けてください。
 
 

爪の周りに炎症を起こしたら皮膚科へ

  
末の息子が歩き始めて間もない頃に、
割れた爪が皮膚にささり、
炎症を起こしたことが数回あります。
 
インターネットで、
爪の治療が得意そうな皮膚科を探し、
連れて行きました。
  
すると、炎症を抑える塗り薬の処方と、
爪が刺さらないようにする
テーピングをしていただき、
しばらくすると炎症が治まりました。
 
爪が炎症を起こしている期間が長くなると、
爪の発育や運動機能の発達などに
影響することもあるかもしれませんから、
病院に早めに行って治療した方がいいと、
私は思います。
 
 

爪の切り方の基本はスクエアカット

 
爪の切り方の基本は、
指と同じ長さにまっすぐに切り、
角だけやすりなどで丸く整える、
スクエアカットと呼ばれる切り方が基本です。
 
でも、乳幼児で、
爪が割れたり折れたりしてしまったら、
適宜、それに合わせて整えていくしかありません。
 
爪が丈夫になってくると、
こういう問題もなくなってくるので、
少し様子を見ていきましょう。
 
あと、爪を切るときに爪が割れることがあるので、
お風呂上がりで爪が柔らかい時に爪切りをすると良いです。
  
  
お読みいただき、ありがとうございました。
質問やご感想がありましたら、こちらまでお送り下さい。