「脊柱及び四肢の状態に関する保健調査票」とは?

お読みいただきまして、ありがとうございます。

みやざき足育センターの成田あす香です。

小学校・中学校と始業式を迎えられた方も多いのではないでしょうか。

そして新年度の始まりといれば恒例のこれです。

学校に提出する大量の文書!!

「また同じこと(名前や住所)書くの~?」と毎年大変ですが、この書類の中に、実は足育的に重要なものがあります。

宮崎県では「脊柱及び四肢の状態に関する保健調査票」という書類です。

これは、足育講座の中でお話ししている「運動器検診」のこと。

この春はじめての小学校入学を経験される方は、内容を見て「なにこれ?」と思うかもしれません。

というわけで、今回の足育質問箱のテーマはこちら!

【Q】
「脊柱及び四肢の状態に関する保健調査票」って何の検診?
チェックをつけたらどうなるの?

「脊柱及び四肢の状態に関する保健調査票」は、運動器検診と呼ばれているもので、平成28年度から実施されている新たな健康診断の項目です。

近年、生活が便利になったり、子どもの遊びの内容が変化したりして、運動不足による子どもの体力・運動能力の低下が問題になっています。

一方で、スポーツ少年団などの活動が盛んになり、偏った運動のし過ぎ、特定の同じ部位を使い過ぎることで起こる、膝のトラブルなどのスポーツ障害も問題になっています。

配られるプリントには、次のような質問がA4両面いっぱいに用意されています。

  • 腰を前に曲げたり、後ろに反らしたりしたときに、痛みはありませんか?
  • 手のひらを上に向けてひじを曲げた時、手指が肩につきますか?
  • しゃがんだり立ったりするときに、痛みや動きの悪いところはありませんか?
  • 片脚立ちが両脚とも5秒以上できますか?
  • 肩や腰の高さに左右で差はありませんか?

「こんなにいろいろチェックするの? もう、面倒!!」と思った方も多いでしょう。

でも、どの質問も、子ども達の体の問題に早く気づくため、トラブルが起こりやすい体の状態になっていないかを見るために、大事な質問なのです。

親だから分かる子どもの体の変化

成長期の子どもは、骨や筋肉が未熟な状態で、骨と筋肉の成長のタイミングに差があることから、運動器のトラブルが起こりやすいものです。

特に身長が急に伸びる時期は、骨の成長に筋肉がついていけず、筋肉が固くなりやすいため、トラブルを予防する意識が必要です。

女子では小学校の5・6年生から中学生にかけて、男子では中学生から高校生にかけては、最も注意したい時期。

調査票に書かれている質問は、今の体の状態を知る手がかりとなるものばかりです。

そして、子どもをずっと身近で見ている親だからこそ、変化に気づきことができます。

問診票が届いたら、ゆっくりと時間を取って、ひとつひとつの項目を丁寧にチェックしてみましょう。

《Point!》
「脊柱及び四肢の状態に関する保健調査票」は、
成長期ならではの運動器トラブルに早く気づき、適切な対応をするための健診の問診票です

 

「できない」「痛みがある」に
チェックをつけたらどうなるの?

学校によって対応は異なりますが、基本的は整形外科を受診します。

学校で整形外科医の先生に診ていただけるところもありますし、学校から整形外科医を受診するよう勧められるところもあります。

チェックがついた項目の原因を探り、早く適切な対応をすることが、子どもの健やかな成長を守ることにつながりますので、指示に従いましょう。

トラブルの背景を家庭でも考えてみよう

私も毎年、わが子3人の問診票を書いています。

長男が中3のとき、毎年できていた「かかとをつけたまましゃがみこみができますか?」という項目で、後ろに転んでしまいました。

足の痛みはないのですが、腰を下ろしていく途中に、あと少しのところで足首の関節が曲がりづらくなり、こらえきれずに後ろに転んでしまうようです。

自分でも驚いていて「昨年の方ができた。だんだん足首が動きにくくなっている気がする」と話していました。

実は、息子の通う中学校の上履きは、トイレで見かけるサンダルのようなスリッパが指定されています。

スリッパは足に固定することができないため、歩いているときに脱げないよう、足首を固定した状態での歩き方を強いられます。

耳にたこができるくらい足育話を聞かされている息子は、「スリッパが怪しい」と自分で気づきました。

しゃがみこみができない子どもの増加の背景として「生活様式の西洋化で、あぐら・正座をしたり和式トイレを使わなくなり、しゃがむ機会が減ったこと」が指摘されています。

しかし、それだけでなく、足首の柔軟性を低下させる要因が日常の中に潜んでいることも見逃さないでください。

運動器検診は体の状態を知り、日常の体づかいを見直すチャンス

わが家の運動器検診では、「肩や腰の高さに左右で差はありませんか?」という質問も、よくチェックが入る項目です。

きっと一般の家庭ではスルーされるレベルの差…なんですけどね。

「いつも、こっち側に重い荷物を持ってない?」「斜めに座ったりしてない?」「足、組んでない?」と子どもに聞いてみます。

運動器検診の質問は、体の問題に早く気づき、問題が起こりやすい体の状態になっていないかを見るための質問が満載です。

思い通りに快適に動ける体でいるために、体の使い方や適切なケアができているかを振り返る、絶好の機会です。

調査票をもらってきた子どもだけでなく、家族みんなでやってみるといいですよ。

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

学校に提出する書類の記入、がんばりましょう!

みやざき足育センター
足育アドバイザー® 成田あす香

 

宮崎県内はもちろん、全国へ出張講座に伺います

子育て支援センター、幼稚園・保育園・認定こども園、小中学校などへ伺い、0歳からの足育の大切さを知る講座・講演を行っています。

乳幼児親子で楽しく学べる講座、保護者向けの勉強会、PTAの研修会、家庭教育学級や学校保健委員会などの実績があります。

最もご要望の多い「足育講座」をはじめ、体験型の足育講座(運動遊び+足育クイズ)、乳幼児親子~学童期親子までの運動あそび、足の計測会、大人の方向けの足育講座やウォーキング教室など、足・靴・運動に関わる多様なプログラムをお届けできます。

講座の目的、対象となる方、日程、時間、予算など、ご希望に合わせて提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。

詳しくは「出張講座」のページをご覧ください。