さくらママサークル 足育講座開催レポート

この記事は1分で読めます

宮崎市のさくらママサークルの皆様より
ご依頼をいただき、足育講座に伺いました。

0歳から2歳のお子さんを中心とする
11組の親子の方が集まってくださいました。

今日は、夏休み中の小学校2年生の男の子も、
一緒に参加してくれました。

絵本『あしのうらのはなし』では、
一緒になって足の裏に何があるかを観察して、
考えて答えを言ってくれたり、

『くつくつあるけ』では、
くつが歩いたり走ったり跳んだり
するストーリーに合わせて、
同じ動きを一緒にやってくれたりして、
講座を盛り上げてくれました。

「靴を選ぶ時は、今、彼がしていた、
 裸足で歩いたり走ったり足の動きが、
 そのままできる靴を選びましょう。
 そのためのチェックポイントは…」

こんな具合に、彼のおかげで、
とても分かりやすい講座になりました。

今日の講座は、
足計測のご希望もありました。

グループで受けるからこその学びにしたいと思い、
ワークショップの形で進めました。

計測した数字を
自分でJIS規格の靴のサイズ表に当てはめて
靴のサイズの目安を調べてみたり、

靴の中敷を使ったサイズチェックで、
一人一人の子どものケースを
一緒に見てシェアしたりしました。

講座を受けられた方のご感想の一部を、
紹介させていただきます。

足の成長を妨げない靴選びを心がけたい。また、身体をしっかり動かし、足育を意識したいです。
いつも抱っこで靴を履かせて選んでしまっていたので、今回足を測ってもらい、靴のサイズが合っていないことに気づきました。早速合う靴に替えます。
友人から足育という言葉を聞きました。靴の選び方が参考になりました。ぜひ測ることを癖づけていきます。
足長は見ていたが、足幅は確認してなかったので気をつけたいです。

お招きいただいたさくらママサークルの皆さんに、心より感謝申し上げます。

お集まりいただいた親子の皆さんが、ますます元気で健康な足になるように、
今日の学びが役に立つことを願っています。

宮崎県内の子育て支援センター、幼稚園、保育園、子育てサークル等へ足育講座・足計測に伺っております。こちらのページよりお気軽にお問い合わせください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

おすすめカテゴリー記事

RSS AmebaBlog 〜 身体も心も「足元」を育てる 〜