雨の日の子ども達の履物

おはようございます、
みやざき足育センター代表・足育アドバイザーのあす香です。

♪ ああ〜 宮崎は 今日も 雨だった〜

と嘆きたいくらい、本当に雨が続いている宮崎です。

この辺だけなんですね、こんなに雨が降っているのは。

昨日は部屋の掃除をしていたら、
子どものおもちゃの「カプラ」(積み木のような物)に、
なんとカビがびっしり生えているではありませんか〜!!

慌てて、アルコール入りの
ウエットティッシュで全部拭きました。

今朝は、小1の娘のランドセルの黄色いカバーにもカビ!

東京の1年分の降水量に近い雨がこの1ヶ月で振っているとか、
50年振りの雨だとか、夫が教えてくれました。
 
 
 
さて、そんな雨の続く毎日で、
今朝はまたかなりの雨でしたが、
我が家の子ども達は、靴を履いて登校していきました。

「長靴…あったよね??」と聞きましたところ、

「長靴もあるけど、
 やっぱり靴のほうが歩きやすいから、靴で行く」
という答えが帰ってきました。

長靴はガバガバして、歩きにくいんだそうです。

小1の娘は替えの靴下を持って、

小6の息子は
靴下の上にビニール袋を履いて出かけていきました。

子どもなりに感じて、考えて工夫しているんですね。

本当にあまりに雨が続いていて、
靴も全然乾きません。

足にフィットするような、
良い長靴って、作れないものですかね〜。

それか、
子ども用にもゴアテックスのスニーカー?(高そう〜・笑)

コメントを残す