足の裏のタコは、骨盤のゆがみが原因ですか?《メールde足育相談室》

お読みいただきまして、ありがとうございます。

みやざき足育センターの成田あす香です。
 
今日は、児童館での足育講座で寄せられた、
産後の足の悩みについてお届けします。

=================
 
☆ メールde足育相談室「教えて!あす香さん」vol.193 ☆
 
足の裏のタコのことを聞きたいです。

3人目の出産の後から、ものすごく酷くなってしまって……

骨盤のゆがみとかが原因でしょうか?
 
=================

ご相談をいただきまして、ありがとうございます。

足の裏に痛みなどはないですか?

出産の後から、今までよりもタコが酷くなられたんですね。
  
そうですね、
骨盤のゆがみも原因と言えるかもしれませんし、

いろいろな原因を積み重ねた結果が、
タコや骨盤のゆがみに繋がっているとも
言えるのではないでしょうか。

産後のタコやウオノメは、足のアーチが低下しているというサインかもしれません

   
    
妊娠や出産のときの女性は、
赤ちゃんを子宮で育て、産むために、
10カ月の時間をかけて骨盤が開いていきます。
    
その働きを司るホルモンがあるのですが、
それは骨盤ばかりでなく全身の関節に影響し、
足の関節もゆるんでいます。
   
ゆるんだ足の関節に、
妊娠によって増加した体重がかかって負荷が高まると、
足のアーチ構造が崩れやすくなり、
タコやウオノメなどができやすくなります。
   
だから、産前・産後にタコやウオノメで悩みだした方は、
アーチが低下しているということかもしれません。

姿勢や靴も原因になります

   
また「骨盤がゆがむ」とよく言われますが、
これは何らかの要因によって姿勢が悪くなって、
姿勢のバランスをとるために、
結果として骨盤が傾いているということです。
    
産前産後は、
大きなお腹を支えようとかばったり、
骨盤がゆるみやすいという状況が重なるため、
骨盤が傾いた姿勢になりやすくなります。
              
また、妊娠中や産後に、
脱ぎ履きしやすい靴を履いていませんでしたか?

脱ぎ履きしやすい靴は、
身体に無理のある歩き方になりがちなので、
これもタコや骨盤のゆがみの原因につながります。

足が変化しやすい状態になっているからこそ、
足にぴったりと合うスニーカーで、
靴ひもを丁寧に締めて、
足を守り支えてあげたいところです。

トラブルは体を整えるチャンス

産前・産後は足のトラブルに悩む方が増えますが、
身体の関節がゆるんでいる状態ということは、
身体を整えるチャンスとも言えます。

足の裏のタコは「身体を大事に使ってね」という
足からのサインではないでしょうか。

骨盤のゆがみは、カイロプラクティックや整体、
骨盤矯正などで、本来の状態へ調整してもらえます。

しかし、同じような姿勢や足元で過ごしていれば、
あっという間にまた元に戻ってしまいます。

ぜひこの機会に、
自分の体を見直してみるといいですね。

みやざき足育センターでご相談に応じていますので、ぜひどうぞ。

お読みいただき、ありがとうございました。