アーカイブ:2017年 1月

  1. 宮崎中央ロータリークラブの例会にて、 経営者の皆様へ講演をする機会を頂きました。 「足育」という考えが必要になっている背景や 私が足育を広めようと思ったきっかけ。 そして、 いつまでも元気に歩ける足になるために、 誰もが…

  2.  宮崎市の高岡地域子育て支援センターにて足育講座を行いました。大人11名、子ども12名、主催者2名の合計25名の方がご参加くださいました。    ご依頼を下さった先生は、県内全域の子育て支援センターにお送りしている「足育かわらばん」をご…

  3.  新富町総合交流センターきらりにて、すくすく足育クラス体験会を開催しました。9~10か月の女の子とお母さん2組にご参加いただきました。 「今やっと、つかまり立ちが出来てきたので、歩くようになるのに向けて色々学びたい」 「つかまり立ち…

  4.  1月のすくすく足育クラスは、「大人が良い手本になって足を育てる」を目標に据えました。この目標に決めた理由は、乳幼児は自発的に模倣する力が強いからです。             クラスの設立時から通っている子ども達が、最近は自由に遊び…

  5.  都城市立石山小学校の学校保健委員会にて、学童期の足育講座を行い、24名の保護者の方がご参加くださいました。児童数が75名と伺っておりましたので、参加率の高さに驚いています。       ご依頼を下さった養護の先生は、県のアシスト事業の…

  6. 「生物の進化に学ぶ乳幼児期の子育て」(斎藤公子 著)を読んでいます。 『1歳から2歳の子育て』のところに、こんな内容が書いてありました。    「この年齢は、自由に遊び切らせなければならない年齢なのだ。(中略) 高いところに登り…

  7. みやざき足育センター通信「さんぽ」 2017年 1月18日配信   こんにちは。   みやざき足育センター 代表 NPO法人日本足育プロジェクト協会 認定 足育インストラクターの 成田あす香です。 先日の日曜日は、綾町子…

  8. 今日は「すくすく足育クラス」の野外活動で、綾の築山(護国神社)へ段ボールをもって遊びに行きました。 元気に築山に登っていった子ども達は、段ボールを片手にもって、お尻やお腹でずりずりと滑り下り出しました。 段ボール滑りではないですが、生き…

  9. 私は2足のスニーカーを持っていて、基本的に日替わりで交互に履いています。 そのうちの1足がこの靴で、「スーパーフィット」というオーストリアのブランドの子ども靴です。      私と娘は足が細くて、合う靴が少ないので、細足向けの靴の情報…

  10. 県庁近くと市民プラザに用事があったので、大淀川河川敷の市役所駐車場に車を停めて、歩いて行くことにしました。        川辺が岩で整備されていて、車を降りた子ども達は脇目も振らずにそこに向かっていきました。 私も一緒に岩の上を歩いて…

RETURN TOP

おすすめカテゴリー記事

RSS AmebaBlog 〜 身体も心も「足元」を育てる 〜