都城のドイツケア式フットケアサロン・アクーユに行きました(その1)

この記事は2分で読めます

都城のフットケアサロン「アクーユ」で、
フットケアを受けてきました。

フットケアっていうと、
「なに?マッサージしてくれるの?」とか、
「なに?ネイルとかしてくれるの?」とか、
「足つぼ??リフレ??」
みたいに誤解されがちなのですが、

アクーユでは、
足を健康に美しく保つために、
角質、ウオノメ、タコを専用の道具で取り除いたり、
爪を整えたり、巻き爪をケアしたりする事ができます。

足育アドバイザーとして、
皆さんに足と靴の大切さを口を酸っぱくして
伝えている私ですが、

実は、私自身も足に悩みがあります。

(だから、足育に興味も持ったわけです)

私は両足の小指のつけねにタコがあったり、
(特に左の方が固くて厚い)

両足の人差し指と中指のつけねにウオノメがあったり、

という悩みがあります。

これ、それぞれ、
足のトラブルのサインなんですね。

足にトラブルがあるから、
タコやウオノメという形でサインが表れる。

で、それを放っておくと、
ますますそのトラブルが酷くなり、
タコやウオノメも酷くなる…という
悪循環にも陥ってしまいます。

私は、
1年くらい前にもフットケアを受けたのですが、
1~2ヶ月で元通りのタコやウオノメが出来ました(苦笑)

私自身の足育の実践や、
お客様の足育をお手伝いすることを通して、

靴とか、立ち方とか、歩き方とか、
いろいろ見直して改善の努力を重ねつつ、

フットケアも定期的に受けていくのがいいんだろうな~
と最近考えるようになりまして、

(長年の癖は、一朝一夕では変わらないですからね)

またフットケアを受けにきました。

2015-07-01ninomiya4

アクーユの畑中さんが、
タコについて話してくれました。

もしも、靴の中に石ころが入ってたら、
痛くて取り除きますよね?

タコやウオノメって、
石ころが入ってるのと同じなんだそうです。

でも、徐々にタコやウオノメになったので、
麻痺してしまってる。

靴の中に石ころが入っている状態では、
本当は走ったり歩いたりできませんよね?
変な歩き方になりますよね??

だから、本当は、
放っておいたらダメなんです。

うわ~そうやって聞くと、確かに…大変。

もしタコに気づいたら、
小さいうちに、対処しておくのがコツですね。

さて、フットケア後の変化や、学んだ事について、
また続きでまとめます。

この記事で使わせて頂いている素敵な写真は、
フットケアに熱意を注ぐ看護師さん、
二之宮さんが撮ってくださいました。

本当に偶然に足仲間が一緒になりまして、
おかげで、ケア前とケア後のフットプリントの分析もみっちり!
今まで何千人のフットプリントをとられてきた畑中さんの
視点を学ばせて頂きました。

畑中さん、二之宮さん、ありがとうございます。

2015-07-01hatanaka

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015 07.14

    紙芝居舞台

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

おすすめカテゴリー記事

RSS AmebaBlog 〜 身体も心も「足元」を育てる 〜