けがをしない体づくりのために「足育」

この記事は2分で読めます

お読みいただきまして、ありがとうございます。

みやざき足育センターの成田あす香です。

まるでコントのような話なのですが、
現在、夫が足首を骨折して入院しています。

けがをしたのは3月上旬のこと。

畑に作業場を建てていて、
屋根をつける作業の最中に落ちて、
右足首の関節を脱臼・粉砕骨折しました。

先生の見立てによると、
着地するときに脱臼し、
踵(かかと)の骨が脛(すね)の骨にぶつかり、
粉砕骨折に至ったのではないか、
ということです。

けがの当日に手術をして、
足全体を工事現場の足場のようにがっちりと固め、

足の腫れが治まってから、
今度は粉砕骨折した箇所にボルトやプレートを入れる手術。

現在は、ボルトやプレートで骨を補強した足に、
プラスチックの支えが付いた装具をつけて、
毎日2時間のリハビリをしています。

今日から、けがをした方の足に
少しずつ体重をかける練習が始まったそうです。
  
  
けがのことを近所のおじちゃんおばちゃんに話すと、
「まだ若いのに」と言われるのですが、
若さは関係ないと私は思っています。

夫がけがをする直前、
私は、オーダーメイドの中敷きを製作するための技術を学んでいて、
毎日のように夫の足首をモデルに石膏をとっていました。

石膏をとる練習をしていると、
左足に比べると右足首の方が傾きが強く、
固くて動き辛い感じがありました。

足首の固さに加えて、
その日は長靴を履いたまま作業をしていましたので、
着地した足場の悪さに耐えられず、
捻ってしまったのでしょう。
 
そして、今回ここで
初めて明かしてしまう話なのですが…

私はてっきり作業場の屋根の上から落ちたと思っていたのですが、
落ちたのは、高さ50㎝くらいの脚立の上からだったそうです。

「え? 50cm??」

私もびっくりしましたが、
病院の先生にも驚かれたようです。

けがって、
ちょっとした偶然の積み重ねで
起きてしまうものなんですね…。
  
 
夫は、子どもの頃から足首が固く、
和式トイレでしゃがむのが辛かったそうです。  
 
子どもの頃はたくさん外で遊び、
跳んで走ってしゃがみ込んで、
しなやかな足首を育てる。

大人になってからは、
自分の足の特性を理解して、
弱いところはカバーやケアをしながら、
足を正しく使って育て続ける。
 
一生けがをしない体づくりのために、
子どもから大人まで、
いつまでも「足育」が大切だと改めて思いました。
 
一度ケガをしてしまうと、
数カ月の単位で自由が利かなくなります。

何をするにも欠かせない資本は「体」です。
 
 
最後までお読みいただきまして、
ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015 07.14

    紙芝居舞台

コメントは利用できません。

おすすめカテゴリー記事