足育の本が発売されました

2020年4月30日、日本足育プロジェクト協会が提唱する「0歳からの足育」を実践するための知識が、論創社から本になって出版されました。

著者は、日本足育プロジェクト協会の玉島麻理 理事長、

足育アドバイザー養成講座で足育学をご講義いただいている小野直洋先生(小野整形外科院長)、

同講座で皮膚科学をご講義いただいている高山かおる先生(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)です。

武藤芳照先生(東京大学名誉教授・東京健康リハビリテーション総合研究所所長)が、足育の本を出版するためにご尽力くださり、監修をしてくださいました。

家庭で行う足育のノウハウからトラブルの対応まで、幅広く網羅された1冊です。

    1. 足育とは
    2. 現代っ子の足のトラブルが増えている
      足のトラブルの内容、足のトラブルを生み出すもの
    3. 子どもの足の構造と成長・発達
      からだの成長・発達、足の形と構造 など
    4. 足育の実際
      足育体操、運動あそび、暮らしの中の足育
    5. 靴を履く
      靴の選び方、サイズの見直し、靴の履き方 など
    6. 足の爪のトラブル
      爪の切り方、爪のトラブル など
    7. 足のケガと故障
      いわゆる「成長痛」、足の骨折、足のケガ・故障 など

そして、家の中でも足育ができる「足育たいそう たったった」のDVD付き。

この本が1冊あれば、すぐに足育が実践できます。

足育講座で学んだ内容の確認にもオススメです。ぜひお読みください。