新学期に向けて上履きをチェックしてみよう!

宮崎県内の小・中学校では、夏休みが始まりました。
 
「今年は早く宿題を終わらせるぞ」と張り切っている最中のお子さん、毎日遊びまくっているお子さん、いろいろな夏休みを過ごしていることと思います。
  
親の私たちの方は、忘れないうちに「上履き」や「体育館履き」のチェックです!
      
本日は「上履き・体育館履きのチェックのしかたと買い替えのタイミング」についてお届けします。
      

チェックポイントその1「サイズは合っているか?」

中敷きが取り出せる靴の場合は、中敷きを取り出してサイズが確認できます。
 
左右の中敷きを取り出して床に置き、その上に立ってつま先のゆとりを見ます。
 
中敷きのつま先と指先の間の目安が5mmを切るくらいになっていたら、サイズが小さくなっています。
  
もし、まだサイズが大丈夫だった場合でも、夏休みの後半にもう一度、同じようにサイズを確認してください。

夏休みは期間が長く、そして体がぐーんと成長するときなので、8月の終わりにはサイズが小さくなっていることもあります。

チェックポイントその2「靴が傷んでいないか?」

靴のサイズが大丈夫だった場合も、靴が傷んでいることがあります。
 
以下のポイントを確認し、傷みがあれば新しい靴に買い替えます。

      

  1. 靴底がすり減っていないか?
  2. 靴の履き口が広がっていないか?
  3. 靴のつま先に破れやほつれがないか?
  4. 中敷きに破れがないか?
  5. 靴の内部に破れやほつれがないか?

新しい靴さがしは夏休みの後半に

サイズが小さくなったり、靴が傷んでいたりして、新しい靴に買い替えが必要な場合は、夏休みの後半に新しい靴を探しましょう。
     
なぜ、すぐに買いに行かないかというと、夏休みの1カ月の間にさらに足が大きく成長し、靴のサイズが変わってしまうことがあるからです。
   
8月のお盆の頃まで待ってから、改めて足のサイズを測り、次の靴を探すようにすると良いと思います。
  
上履きや体育館履きも、外履きと同じように、次のポイントを満たす靴がおすすめです。

  1. 靴ひもやベルトで足に合わせてぴったり止められるもの
  2. 靴のつま先が足の指を圧迫しない形のもの
  3. 靴底に衝撃を吸収できる適度な厚みと硬さがあり、すべりにくいもの
  4. 靴底が足の指の付け根で適度に曲がるもの
  5. かかとがしっかりしているもの

 

指定靴のために選択ができない場合はやむをえませんが、交渉次第で選択ができるなら、これらのポイントを満たす上履きを夏休みの前半に下見してみましょう。
   
靴屋さんの店頭では、まだまだ手に入りにくいのですが、オンラインショップなら購入できます。
 
このホームページ内に、上履きについての記事もありますので、良かったら参考にしてください。

ベルトでとめるタイプの上履きリスト

 

上履き・体育館履きのチェックのしかたと買い替えのタイミング

  
上履き・体育館履きのチェックポイントは「サイズは合っているか?」「靴が傷んでいないか?」の2点。

サイズが小さかったり、靴が傷んだりしていれば買い替えです。

もし、チェックポイントをクリアした場合でも、夏休みの後半にもう一度サイズを確認を。

新しい靴の準備は、夏休みの1カ月の間にさらに足が大きくなることがあるので、8月のお盆の頃まで待っておくと良いです。
  



【執筆】保育士/足育アドバイザーⓇ 成田あす香



この記事は、みやざき足育センターのメールマガジンで配信したコラムを加筆再編してお届けしました。

みやざき足育センターでは、どなたでも無料でお読みいただけるメールマガジンを発行しています。

ご登録いただきますと、このようなコラムのほか、みやざき足育センターが主催するイベントや講座の情報がいち早く届きます。

e-mailとLINE公式アカウントで同じ内容を配信していますので、お好みの方をご登録ください。