日向にて「0・1・2歳の足育 & おむつなし育児講座」を開催

2017年12月6日、日向市の
ホリスティックヒーリングガーデン美葵~みぃあ~を
お借りして、講座をさせていただきました。

きっかけは、県北にお住いの方が、 
「足育の話が聞きたい」
「おむつなし育児の話が聞きたい」
というリクエストをくださったことです。

せっかくの機会ですので、
どちらも一緒にお話しさせていただきました。
 
 
『0・1・2歳の足育 & おむつなし育児講座』
 ~すこやかな足を育む子育てのポイント~

【歩く前こそ足育が大切】

☆歩くまでの1年は、
 重力に逆らって体を起こし、
 様々な姿勢で運動ができるようになる
 力を育むために必要不可欠な時間

☆二本の足でまっすぐに立って歩くために
 必要な力は3つ

【毎日の暮らしが足育タイム】

☆おっぱい

(1)縦抱き授乳の紹介
 
(2)横抱きなどの授乳姿勢では、
 クッションなどを活用して
 体がまっすぐになることを意識
 (体を捻らない)
 
(3)おっぱいと寝かしつけを区別
  (添い乳の姿勢は、体を捻りがち)

☆抱っこ
 
(1)左右が対象になること
 
(2)重力を感じられること
 
(3)抱きおこすときに声をかけること

抱き起こすときは、
「ねんねしようね」「だっこするよ」
などと声をかけてから、起こしてあげてください。

急に抱っこすると、
赤ちゃんがびっくりして、
体が緊張してしまいますからね。

また、首がすわってからは、
肩や肘を包んだり、手をつかませたりして、
体を起こすのをサポートするようにすれば、
上半身を支える筋肉を使う運動もできます。

☆おむつ・衣類

(1)こまめなおむつ交換&おむつはずし

なぜ、こまめなおむつ交換やおむつはずしが、
足育とかかわりがあるのか。

成人用の紙おむつ(素の状態&水を注いだ状態)をはいて、
歩行とハイハイをしてもらい、
その理由を体感していただきました。
諸事情により、写真はありません(笑)

(2)動きやすい服装
 (上下別、サイズぴったり)

赤ちゃんは思いのほか、よく動きます。
つなぎの服よりも、Tシャツ&ズボンのように上下別の方が動きやすいです。

大き目の服を着せて、足先がズボンの中に入ってしまい、
足が滑ってハイハイがしづらそうな赤ちゃんもよく見かけます。
すぐに大きくなるので、大きめを着せたい気持ちは私も分かりますが、
健やかに運動能力を発達させていくために、
サイズぴったりの服を着せてあげたいですね。

また、おむつ交換や着替えの時などは、
寝返り遊びのチャンスです。
♪いもむしごーろごろ ひょうたんぽっくりこ

【靴の選び方・履き方】

・ファーストシューズを履く時期は、
 ひとりで立ち上がり、手を放して
 10歩進める頃でOK

・正常な歩行を妨げないものを選ぶため、
 最低限3つのポイントをチェック

・固いアスファルトの衝撃から
 足を守るもの(適度な弾力の靴底)

靴選びの話では、
サンプルのいろいろな子ども靴に触れてみて、
買ってよいもの、買わないほうが良いものを、
考えていただきました。

それでは、
講座を受けてくださった方の
ご感想を紹介いたします。

足育とおむつなし、
どうつながるのかと思っていましたが、
どちらも小さい子どもの発育や発達を
促すのに助けになる視点でした。

内容が分かりやすく、大人の体験する時間もとってもらって、良かったです。

授乳やおむつ、抱っこのしかたなど、今まで深く考えなかった日常の動作が、子どもの成長に関わっていくことにとても驚きました。

子ども自身がもつ力を伸ばすように、寝返りの促しなど積極的に行っていきたいです。

いますぐ使える知識を得ることができました。

遊びの中で様々な運動をすること、
足の甲の緊張をとる促し(なでる)に
取り組みます。

赤ちゃんの頃のおむつ換え、
オッパイのあげ方も発達に関わる事、
とても勉強になりました。

産後のお母さんの体についても、
なるほどーっ!!と思いました。

お母さんの靴選びについても、
私自身伝えていきたいと思いました。

子供と一緒に自分も楽しんで
遊んでいきたいと思います。

以上、ご感想の紹介でした。

このたびはリクエストをいただきまして、
本当にありがとうございました。

5名以上集まってリクエストをくだされば、
宮崎県内各地へ、このような形で講座にお伺いいたします。

「話を聞いてみたいけど、
 子どもを連れて綾まで行くのは大変」という方、
ご友人の方々と一緒にぜひいかがですか?

お問い合わせフォームより、お気軽にご相談ください。