□ 自分自身が外反母趾で悩んでいるので、子どもの足はトラブルにならないように育てたい

□ 靴は大切と聞くが、子どもの足にどういう靴が良いのかが分からないので知りたい

□ 子どもの姿勢や身体の使い方、運動能力について気になっている

□ 足育講座を受けたことがあり、もっと詳しく学びたい

このような方に「足育入門講座」をご案内します。

足は、いつも私たちの身体を支えていて、建物に例えるならば基礎部分にあたる大切な土台です。

しかし、意外にも私たちは足について知る機会がありませんでした。

今、大人だけでなく、子どもにも足の変形などのトラブルが増えていて、子どもの足と靴に関わる啓発活動への取り組みも全国で増えてきています。

この「足育入門講座」は、0歳から6歳までの子どもの育ちに関わる方が、足や靴についての基礎知識をもち、毎日の子育ての中で足を健康で元気に育む方法を学ぶ講座です。

NPO法人日本足育プロジェクト協会の認定を受けた7名の足育インストラクターが、全国で開催しています。

これまでに、子育て中の方、育児休業中の保育・教育関係や保健医療関係の方、子育て支援関係の方などが受講され、ご家族の健康づくりやお仕事に学んだことを活かされています。

受講された方のご感想を紹介いたします。

息子が歩き始める前に来て良かった

(鹿児島県 Nさん 受講当時11カ月の男の子を子育て中)

息子が歩き始めてからと思っていた講座でしたが、今日来て本当に良かったです。
何も知らずに靴選びをしていたら、自分と同じような足の悩みやトラブルになっていたと思います。

教えていただいたポイントを元に、まずは自分の靴を選び、履き方も毎回気をつけたいです。
靴選びだけでなく、毎日の生活リズムの事、遊び方、関わり方も教えていただき、息子の健康のためにも、自分の健康のためにもなるので、早速実践します。

靴ってすごいんだなと感じた

(宮崎市 Sさん 受講当時1歳8カ月の女の子を子育て中 助産師)

娘が歩き出し、靴の選び方が分からなかったこと、娘の爪の状態が気になり、講座を受講しようと思いました。

講座を受けて一番感じたのは、靴ってすごいんだなということです。
単に足に守るだけでなく、自分に合った靴を選び、適切に履くことで、よりよい発達につながるということが分かりました。
家に帰ったら、早速、娘の足のサイズを測ろうと思います。

また普段の生活リズムが今後の成長に影響してくるということを改めて学びました。
働いていると、リズムを整えることが難しく、悩むこともあります。
まずは、できそうなこと1つからやっていこうと思います。

人間にとって土台となる足、人生の土台となる大切な今の時期だからこそ、こつこつ実践していきたいと思います。

小さいうちから足の変形が起こってしまうことにびっくりした

(国富町 Hさん 受講当時6カ月の男の子の子育て中 看護師)

わが子の成長のためにと思って受講をさせていただきました。

まだ6か月で、歩くまでにはしばらく時間があると思っていましたが、生まれてきてすぐから人は発達を始めていて、足のこと、歩くこと、体を整えることを考えるには、6か月という今の時期は決して早すぎることはないのだと思いました。

私たちが子どもの時と、息子がこれから生きる現代とを比べただけでも、生活様式が大きく変わっていて、便利で暮らしやすくはなっているものの、体の発達のためには妨げになっていることも多いのだと気づかされました。

事例で見せていただいた子ども達の足を見て、こんなに小さいうちから足の変形が起こってしまうことにびっくりしたけれど、小さいうちだからこそ変形しやすく、自分では気づけないからこそ、親が知識をもって防いであげることが本当に大切だと感じました。

親が知識をもつこと、それは、親である私自身が自分の足をもっと知り、しっかりケアをして、いたわってあげることから始まると思いました。
今まで、自分の足の裏をじっくり見たり、触ったりすることなんてほとんどなかったので…。

今日の受講の内容を、ママ友達同士の会話の中に盛り込んでいこうと思います!

IMG_1506


◎子どもをトラブルから守る「足育入門講座」

日本足育プロジェクト協会では、足育(あしいく)を「足の大切さを知り、足を健康に育てることを、家庭を中心とした日常生活の習慣、特に子育てに取り入れ、実践すること」と定義しています。

足は、私たちの体を支える大切な土台ですが、今、子ども達の足に「足の指がまっすぐに伸びていない」「足の指が地面についていない」「土踏まずが充分に育っていない」などの問題が増えています。

子どものときから足に問題を抱えたまま成長していったら、10年後、20年後のその子の人生はどうなるのでしょうか…?

足の問題が増えている原因はいろいろ考えられますが、背景には子ども達をとりまく環境の変化があります。

人間の体は基本的には変わっていないのに、私たちの暮らす環境はたった数十年の間に大きく変わり、体を使わなくても生活ができるようになりました。

だからこそ、いつまでも健康で元気に歩き続けられる足でいるために、これからの時代は意識して体を使っていくことが、人間として豊かに生きていくために欠かせません。

そして、足に欠かすことのできない靴は、選び方や履き方によって、トラブルの原因に直結することもあれば、足のはたらきを高めることもできます。

人間としての体の基礎ができあがる乳幼児期に足を大切に育て、「いつまでも健康で元気に歩き続けられる足」を子どもに贈ることができるのは、子どもの周りにいる大人だけです。

この講座が、あなたと、あなたの身近にいる子どもの未来を変える一歩になることを心より願っています。

講座の概要

内容

(1) 子ども達の足に増えているトラブルと原因

(2) 乳幼児期の足の特長・運動機能の発達の流れ
・6歳までの足育が重要な理由
・乳児期の運動発達と発達を促す遊び
・幼児期の運動発達と発達を促す遊び
・足育の効果を高めるゴールデンタイム

(3) 足と靴の基礎知識
・足の構造
・靴の選び方(ポイント、サイズ合わせ)
・靴の履き方
・爪の切り方

(4) 自分の足の個性が分かる計測体験
・足の計測(足長・足囲・足幅)
・フットスタンプ(足裏の陰影)

講座の受講で得られるもの

・子どもの靴選びや買い替えについて、ご自身で考えて判断する基準がもてます
・子どもの体の発達のために、生活や遊びの中で何ができるかが分かります
・子どもに関わるお仕事をされている方は、 お仕事の幅が広がります。
子どもの体を育てる重要性に確信が高まり、靴の履き方や靴選びの基本を仕事の中で伝えられます。

※足育入門講座の内容は、身近な方のためにお役立ていただくものとなっています。
足育講座の講師、足計測や足育相談の活動をされたい方は、足育アドバイザー養成講座の受講をご案内いたします。

受講料

1日講座 3時間~(受講される方の人数により異なります)
15,000円(受講者本人の足計測、テキスト、修了証込み)

対象

子どもの足と靴について学びたい方であれば、どなたでも受講できます。

子育て中の方はもちろんのこと、子育て支援に関わるお仕事の方、乳幼児の保育や保健医療に関わる資格や経験のある方も多く受講されています。
(保育士、幼稚園教諭、子育て支援関係者、助産師、看護師、作業療法士、理学療法士、ベビーマッサージ講師、足に関わるセラピスト、整体師等)

開催予定

○みやざき足育センター
毎月開催を計画しています。
開催日に都合がつかない場合でも、1名からご希望に応じて都合の良い日のご相談に応じますので、お気軽にお問い合わせください。

○全国各地
全国各地での足育入門講座開催のご希望もお気軽にお問い合わせください。
地域によって最小催行人数が異なりますが、3~5名以上の受講希望でお伺いできます。

お申し込みやお問い合わせは、このご案内ページの最後にあるフォームからお願いします。

講師


成田あす香(NPO法人日本足育プロジェクト協会認定 足育インストラクター・保育士)

神奈川県出身、出産を機に東京都荒川区へ。
わが子の育つ理想の環境を模索し、野外自主保育やわらべうたの会を設立。
2010年宮崎県綾町へ移住。
小学校に上がった息子の足の指の変形に気づいて上履きを見直したことをきっかけに、周りの母親に子どもの靴の大切さを伝えるようになる。
そして、東京で関わっていた子どもが2歳でできた動きを、宮崎では3歳の子どもたちが上手にできない姿に出会ったことで、「車社会の宮崎は歩く機会が少なく、子どもの体が育ちにくい。家庭、保育園・幼稚園・学校、地域社会が協力して子どもの体を育てることに取り組まないと、これから大きな問題になる」と考え、足育を宮崎に広めることを決意する。
2013年足育アドバイザーⓇ認定、2015年みやざき足育センター設立、足育インストラクター認定。現在に至る。

足育で体と心の土台を整える

現代の子育て環境は、大きく様変わりしてきています。

車や自転車での移動が多かったり、子育てが楽になる便利なグッズが増えたり。

ところが、それらが子どもの発達の機会を奪ってしまう側面も持っていると教えてくれる方は、なかなかいません。

乳幼児の発達の流れを学ぶと、今しかない子どもの発達の機会を守ってあげたい、より可能性を高めたいと、心の底から感じることができると思います。

また、「足のトラブルの90%以上は靴が関わっている」と言われているにも関わらず、私たちは靴の選び方を学ぶ機会がほとんどありませんでした。

そこで、メーカー名やデザイン、価格で選びがちになってしまうのですが、「有名なメーカーのものだから足に良い」「価格が高いから足に良い」とも限りません。

この講座で、靴選びのポイントを学ぶことで、その靴が足にとって良いものかどうかを判断する基準を、あなたの中にもつことができます。

いろいろなメーカーの靴に触れて考えるワークもありますので、違いを体感して身につけていただけると思います。

子どもの足に視点をおいて学んでいきますが、大人の足の健康を維持するためにも欠かせない大切なことが満載です。

この講座をきっかけに、あなた自身の足や体の悩みも解決しましょう。

13023563_599023416918421_69878514_n

子育ての中に「足育」を取り入れることで、あなたも子どもも自分の体と心に向き合う時間ができます。

いつまでも健康な足でいるために「今」を大切にすることで、未来に向かってがんばっていく力が高まり、ご家族の生き方が土台から良くなっていきます。

そして、同じ志をもつ家族が増えていけば、高齢化社会の問題や不安をものともしない、新しい未来を創る事にもつながっていきます。

足を育てるために毎日の子育ての中であなたが続けていく習慣を、この足育入門講座で創りましょう。

あなたにお会いできることを心からお待ちしています。


▽足育入門講座 お申し込み・お問い合わせフォーム

ご希望の内容にチェックを入れてください
【申し込み】4月24日(水)10:00~15:00【申し込み】4月28日(日)13:00~17:00【日程相談】みやざき足育センター【問い合わせ】全国出張開講

お名前
  

フリガナ
  

郵便番号
  

住所
  

メールアドレス
  

電話番号
  

お子様をお連れになる予定の方はお名前・年齢
  

この講座を知ったきっかけ
  

メッセージ(日程の希望、問い合わせの詳細など)
  

みやざき足育センターのメールマガジンへの登録を希望されますか?
登録する登録しない登録済み