みかん畑を目指して散歩「坂道を上り切ったあとのみかんがとても美味しかった」

2020年11月22日、綾町の馬事公苑を起点に、野菜の畑が広がる中を散歩しながら、みかん刈りへ行きました。

参加は主催の私を含めて6家族(大人6人、子ども7人)です。

さあ、出発♪

ミントの葉が自生していました。大人はいい香りだけど、子どもたちは「くさーい!」

ヤギさんだ!!

「ヤバーイ!」どうやら、この「深さ」が衝撃的だったようです。

「トマト?」「これはラディッシュっていうんだよ。」

「おーい」と叫ぶと、中で声が響く!!

今度は中から声が聞こえてきた! 道路の反対側からお母さんが「おーい!」

大きなしっぽのような草を発見。この後、くすぐり鬼ごっこが始まりました。


杉の枯れ枝がほうきに変身。

みかん畑はもうすぐだ!!

みかん食べたさに、何度も斜面を上り下り。

お腹いっぱいみかんを食べて、みんなで記念写真。

また歩いて馬事公苑に戻り、お弁当です。こちらは子供用。

こちらは大人用。今回は「ベントーヤペロ」さんのお弁当でした。

馬事公苑でひと遊び。

最後は絵本『はっぱみかん』でお別れ。葉っぱがいっぱいのみかん山を見てきた後なので、イメージ豊かにみかんの気持ちを感じられます。

朝9時半~13時半まで。たくさん歩き、たくさん走り、本当によく遊んだ一日でした。

参加された皆さんの声をご紹介します。

大満足です!

自分一人では疲れてしまって、歩いたり遊んだりできませんが、あす香さん、他のお母さん達がいるので、元気に娘と最後まで過ごせました。

娘がのびのびと先頭きって歩いている姿を見て、参加して良かったと思いました。

また参加したいです。

みかん山で食べたいみかんをみつけると、どんな斜面でも迷うことなく進んでいくのが面白かった。

子どもは目の前のことした見ていない(見えない)のだなーと思いました。

お友達が一緒だと、どんどん歩けますね。

家族で出かけると「みかん狩り」を目的に、みかん園まで車で行って、食べて、帰って…となるが、たくさん寄り道して、遊びながら道中を楽しめたのが良かったです。

まさに「散」歩!

散歩しながら道草もあり、子どもがのびのびと楽しそうでよかったです。

坂道を上り切ったあとのみかんがとても美味しかった。

おさんぽ会、ぜひ続けてほしいです。

以上、みかん畑を目指しておさんぽ会のご報告でした。

12月もおさんぽ会を開催します。詳細を知りたい方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

100歳まで歩ける足を育てる保育士 みやざき足育センター 成田あす香