「筋ゆる」習慣で希望とハッピーを感じる3カ月プログラム

「産後から続くキツイ肩こりをなんとかしたい」

「肩こりからくる頭痛を薬でごまかすのは、もうやめたい」
  
「そろそろ自分の体ときちんと向き合いたい」
  
そんな方に覚えてほしい、筋ゆるのセルフケア。

今の人生を、
希望とハッピーを感じる新しい人生に変える、
「筋ゆるセルフケア習慣」をあなたも始めませんか?

☆★☆ プレセミナーに申し込む ☆★☆

  

「筋ゆる」とは、
さとう式リンパケアから派生した手法で、
筋肉をゆるめる技術(Muscle Releace Technique)のことを言います。
 
「呼吸」「ふれる」「ゆらす」などの、
ごくごく弱い刺激によって脳に働きかけ、
筋肉の柔軟性と弾力性を取り戻します。
 
筋ゆるのセルフケアは、
育児や家事、仕事の合間や、
寝る前の布団の中などのわずかな時間に、
自分でできるのが特長です。

揉んだり、押したり、引っ張ったりしないので、
痛いのは苦手な人にもお試しいただきたいです。
  
―――――――――――――――――――――――――――――  
 育児・家事・仕事に忙しいからこそ、
  隙間時間でちょこっとできるセルフケアを♪
―――――――――――――――――――――――――――――  
 
目覚めた時から身体が痛い、ギシギシする、重い…。
   
そんな風だと、子育ても家事も仕事も、
やる気が出なくて大変ですよね。
   
身体の辛さを感じていることで、
心の余裕もなくしてしまいます。
   
私も、今から約10年前、
30歳の時に第1子の息子を産んでから、
肩こり、腰痛、膝の痛みなどに悩みました。
  
独身の頃と違って、
ゆっくりマッサージを受けに行くこともできず、
日曜日に「スーパーに買い物に行く」と言って、
夫に子どもの世話を頼んでは、
〇〇〇電機にあるマッサージチェアの
体験コーナーに立ち寄るのが、
ささやかな楽しみでした。
   
また、ぎっくり腰になったり、
膝があまりにも痛くて
生活に支障を来たすこともありました。
   
膝の痛みが心配なときに、
「おかあさん、だっこー」と言って
私の脚に飛び乗ろうとした3歳の息子を、
反射的に振り払ってしまったことは、
今も思い出すと切なくなります。

腰や膝に痛みが出るたびに、
子連れでも行ける整骨院に通ったり、
週末ごとに夫に子どもを頼んで鍼に通ったり、
通院に忙しい日々を送っていました。

平日は仕事で夜遅くまで働き、
週末は子どもの世話を頼まれる夫も、
今になって思えばきっと大変だったでしょう。
 
お母さんは、
家族の太陽のような存在です。

お母さんが元気で笑顔でいられるだけで、
家族は安心して過ごせます。

私は、筋ゆるを知ってから、
肩こりや腰痛に悩まなくなりました。

同じ姿勢が長く続いた日などは、
「あ、今日は腰が痛いな」
ということもあるのですが、
「よし、また、筋ゆるしよう」
といつも安心感をもっています。

筋ゆるは、
育児・家事・仕事に忙しいお母さんでも、
隙間時間に自分でできるのがいいところだと、
私は思います。
  
―――――――――――――――――――――――――――――  
 「やればいいのは分かっているけど、なかなか続かない」
   という悩みも、続け方を知れば簡単に解決♪
―――――――――――――――――――――――――――――  
  
これまでに、
セルフケアの1日レッスンを開催したり、
個別の施術の中で説明したりする形で、
お客様に筋ゆるのセルフケアをお伝えしてきました。
 
しかし、お客様に
「その後いかがですか?」
と伺ってみると、

「本当にすごく良かったので、
 毎日やったらいいのは分かるのだけど、
 なかなか続かなくて…」
という悩みが寄せられました。
 
そう。
 
実は、どんなにいいことかが
分かっていても続けられない。

人は誰でも、
三日坊主なところがあるのです。
 
そこで、このプログラムには、
「続けるコツ」が分かる工夫を
盛り込みました。

筋ゆるセルフケアはもちろん、
「やろうと思っていること」
「本当はやりたいと思っていること」も、
一緒にできるようになります。
  
  
―――――――――――――――――――――――――――――  
 触れられる幸せも感じてください
―――――――――――――――――――――――――――――  

このプログラムには、
3回の個別の施術を含めました。

健康を保つ基本はセルフケアにありますが、
人に体を委ねることで、
一人ではできないこともできます。

いつも誰かのために
一生懸命にがんばっているお母さん。

時には自分のために時間を使い、
人に触れてもらう幸せを感じてください。

  

+――――――――――――――――――――――――――――――――+
 「筋ゆる」習慣で希望とハッピーを感じる3カ月プログラム  
  プレセミナーのご案内
+――――――――――――――――――――――――――――――――+
プログラムの開講に先立ちまして、
「筋ゆる」と習慣化のコツを体験するプレセミナーを行います。

《内容》
・肩こりに関わりのある筋肉をケアする「片手バンザイ体操」
・習慣化のコツ(1週間無料サポートつき)
・足計測&フットスタンプ
・3ヶ月プログラムの説明
  
《日時》
○昼の開催 子連れ可
 12月15日(金)14:00~16:00(休憩込み)
 12月22日(金)14:00~16:00(休憩込み)
○夜の開催 子連れ不可
 12月15日(金)19:30~21:00(休憩なし)
 12月21日(木)19:30~21:00(休憩なし)

《場所》
みやざき足育センター

《定員》
4組

《ナビゲーター》
成田あす香
・MRT筋ゆるマスター
 (一般社団法人国際ウェルネス協会認定)
・足育インストラクター
 (NPO法人日本足育プロジェクト協会認定)

《参加費》
2,000円(当日現金で頂戴します)

*グループレッスンは次の日程で開講します* 

○昼クラス(子連れOK・女性のみ)
2018年 1/12,1/26,2/9,2/23,3/9,3/30
 全て金曜日 14:00~16:00(時間内に10分休憩3回)

○夜クラス(子連れ不可)
2018年 1/11,1/25,2/8,2/22,3/8,3/29
 全て木曜日 19:30~21:00(休憩なし)
 
 
ところで、
「足育なのに、なぜ肩こりのケア?」
と思っている方もいらっしゃるでしょう。

足のトラブルというのは、
原因がいろいろと重なって起こります。

靴の問題、足の問題、
そして、歩き方や姿勢の問題。

肩こりのある人は、
体に負担のかかる姿勢が続いています。

肩こりだけでなく、
腰や膝なども気になっている、
という方がおられます。

「片手バンザイ体操」は、
肩回りの筋肉をゆるめるケアですが、
肩だけでなく全身が繋がっていることを
実感していただけると思います。

ぜひプレセミナーに参加して、
それを体験してみてください。
 
 
《プレセミナー申し込み》
下記フォームよりお申し込みください


▽プレセミナー お申し込みフォーム

参加希望日(必須)
≪昼≫12/15(金)14:00-16:00≪昼≫12/22(金)14:00-16:00≪夜≫12/15(金)19:30-21:00≪夜≫12/21(木)19:30-21:00 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

(お子さんをお連れになる場合は)お名前・年齢・性別

みやざき足育センターのメールマガジンへの登録を希望されますか?
登録する登録しない登録済み

ご記入をいただき、ありがとうございます。

↓ 送信ボタンをクリック ↓

RETURN TOP

おすすめカテゴリー記事

RSS AmebaBlog 〜 身体も心も「足元」を育てる 〜