靴選びのポイントに追加!「靴の履き口が開きにくいこと」

この記事は2分で読めます

NPO法人日本足育プロジェクト協会主催の
足育アドバイザースキルアップ研修を受けてきました。

今日は、子どもの足の発達と女性の健康を靴からサポートする会員制サロン、
京都の「フラウプラッツ」の伊藤笑子先生から学んだ子供の靴選びのお話です。
 
丸1日の講座で、話の内容が盛りだくさん!

ここで学んだ内容は、
少しずつ足育講座や足育リズム教室でお伝えしていくことにして…
 
今回一番学んだことは、

「歩いたときに履き口が開かない靴を選ぶこと!」

ということです。

踵から着地してつま先の方に足裏の重心が移動していくときに、
靴の履き口が開いてしまう靴、というのがあるんです。

実際に手に触れて確認すると、確かに…!!

こういう靴だと、
歩いているときに足首が安定しにくいため、
歩き方が不安定になってしまうのだそうです。

11998578_849631358469113_165811754_n 
子供のモデルに来ていただいて、
靴選び・フィッティングの実習があったのですが、

裸足で歩いている様子、
履いてきた靴で歩いている様子、
そのお子さんの足に見立てた靴で歩いている様子、
あまりの違いに驚きました。

足と靴のフィッティング性が高い靴だと、
裸足よりも安定した歩き方になる!!

逆に、足と靴のフィッティング性が低い靴だと、
つまづいたり、歩くのを嫌がったりして、
たくさん歩けない!!

私たちがイメージする「幼児らしい歩き」が、
伊藤先生が見立てられた靴を履くと、
足がまっすぐに前に出たり、
足が上に上がりやすくなったり、
成人の歩き方に近い安定した歩き方になります。

靴一つでこんなに変わるとは…
予想を超える違いに、本当に驚きました。

もし、こんな靴を履いたら…と、
我が子のことが思い浮かびました。

1人1人の足を考えた良い靴を選んでいるつもりですが、
歩き方や姿勢にそれぞれに癖があり、
どうしたら良い方向にできるのだろうと常に考えています。
 
 
 
2015-08-13 09.56.49

こちら、うちの3人の子ども達なのですが…
 
小学校1年の娘は、
腰が大きく反ってお腹が出た姿勢だったり、
足のアーチが育っていなかったり、
歩き方は、膝下を外側に跳ね上げるような感じだったりします。

伊藤先生が紹介してくださったような靴を履いたら、
足の内側がしっかり立って、
まっすぐ足を運びやすくなるだろうな〜。
 
3歳児の次男は、
最近内股歩きが激しく、靴は左右逆に履くのがお好み。
 
発達過程によるものと見守っていましたが、
靴を左右逆に履くと、
踵が内側に倒れ込むのを防いでくれる。

だから左右逆に履きたいんだと気づきました。
 
でも、つま先のデザインは合わなくなるから、
親指の爪が折れてしまった〜(苦笑)
    
  
  
11994344_849631475135768_497536896_n

===靴選びのチェックポイント===

1)甲の高さが調整できること
2)つま先は広く、厚みがあること
3)つま先が少し反り上がっていること
4)かかと部をしっかり支えること
5)足が曲がる位置で靴も曲がること
6)適度に弾力のある靴底

これからの足育講座では、
今まで足育講座でお伝えしていた6つのポイントに加えて、
こちらもプラスします!

7)靴の履き口が開きにくいこと

 
 
靴の履き口が開きやすい靴か、開きにくい靴か、
靴屋さんの店頭で簡単に見分ける方法があります。
 
その方法は…

言葉でお伝えするのは難しいので、
足育講座や足育リズム教室でお見せします♪♪
 
 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

NPO法人日本足育プロジェクト協会認定足育アドバイザー
みやざき足育センター代表の成田あす香でした。

12000025_849631275135788_2027342402_n
*写真は全て協会代表の玉島麻理さんからお借りしました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015 07.29

    長男の一人旅

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

おすすめカテゴリー記事