高千穂牧場でソーセージづくり体験

この記事は2分で読めます

霧島連山の麓にある「高千穂牧場」(宮崎県都城市)へ行ってきました。
  
毎年夏休みにお出かけをするのは恒例なのですが、
「高千穂牧場」を提案したのは夫でした。
  
ラジオで情報を聞いたそうで、
「バターづくり体験などができて、自由研究にも」
という部分に心を惹かれたようです。
   
前日にネットで調べると、
体験の申し込みは「3日前から要予約」とあり、
もしかしたら体験はできないかも…と思いましたが、
朝一番で行けばまだ空きもあるのでは、と
開園時間の9時を目指して向かいました。
  
子ども達の第一希望のアイスクリームづくりは、
残り1名で我が家には申し込めませんでしたが、
 
ソーセージづくりとバターづくりは空きがあり、
一番早い午前中の時間に始まる「ソーセージづくり」
を申し込みました。
  
定員20名のところ、
20名の子ども達+付き添いの親で、
体験室はたくさんの人でした。
  
本当に自由研究にしそうな小学校高学年や中学生から、
ほとんど自分ではできない我が家の3歳児まで。
  
指導してくださるスタッフの方も
「自由研究にもなるので」とおっしゃっていて、
 
自由研究って、夏休みの悩みのひとつなんだな、
と改めて分かりました。
 
…足育リズム教室や足育講座も、
子供の自由研究の材料にできるかな?
這い這いの体験だけでなく、
どんな筋肉を使っているか、なんて情報も加えたら
自由研究っぽくなるかも?と、すぐ足育の妄想に走る私(笑)
          
さて、とても人が多かったので、子供につける大人は、
サポートの必要な子供のみということで、
夫が子供のサポート役に付き、
私は部屋の隅から様子を見ていました。

2015-08-13 11.32.44

  
作業自体は、
1)ソーセージ用の肉が入った袋を、揉んで柔らかくする
2)袋の肉を、ソーセージを作る道具に詰める
3)道具のレバーを押して、腸に肉を詰める
4)腸をねじって結んで、ソーセージの形を作る
というだけなのですが、意外と難しそう。
   
この「腸に肉を詰める」のところで、
片手はレバーを押しながら、
もう片方の手は腸をちょうど良い加減で引っ張るのがコツで、
 
引っ張りすぎると細いソーセージになってしまったり、
引っ張りが足りないと肉で腸が破れてしまったりします。
  
サポート役にお父さんを指名した子ども達、
賢明な判断でした。
(私はとても手先が不器用なんです〜・苦笑)
 
できあがったソーセージを
スタッフの人がボイルして焼いてくれて、
体験活動の終了後、20分ほどすると食べられます。
  
食べてみると、味は美味しいですが、
やや食感が物足りない感じもあります。
 
お店などで手づくりソーセージを食べたことがありますが、
腸にぴったりと肉が詰まったソーセージって、
実はすごいのね、と分かりました。

でも、3人の子ども達が「自分が作った」と誇りをもって、
ごちそうしてくれるソーセージは、
他のものには変え難い美味しさでした。

2015-08-13 11.40.36
   
   
 
参加人数が多かったのもあり、
通常は30分程度でできる体験のようですが、
このときは50分近くかかりました。
 
これだけの時間を立ちっぱなしでいると、
大人も子供も疲れて足も痛くなってきて、
片足に体重をかけて立ってしまったり、
脚をクロスして立ってしまったり、
ついつい身体の悪い癖が出ますね。

こんなときは、まず深呼吸。
深呼吸をすると胸や背中の筋肉がほぐれ、
疲労物質が流れやすくなります。

胸や背中の筋肉がほぐれて使いやすくなると、
上半身の姿勢をきちんと筋肉を使って保てるので、
足への負担も軽くなりますよ。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。
みやざき足育センター代表・足育アドバイザーのあす香でした。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015 08.02

    綱引き

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

おすすめカテゴリー記事

RSS AmebaBlog 〜 身体も心も「足元」を育てる 〜