爪の中の汚れの取り方 《足育相談室vol.208》

こんにちは。    
みやざき足育センターの成田あす香です。

今月は宮崎市立江平小学校の家庭教育学級で、
足育講座をさせていただきました。

そこで受講された方に
書いていただいたワークシートの中に、
「爪の中の汚れ」について
聞きたかったとありました。

確かに、小学生の足の爪の中の汚れ、
すごいですよね…。

私も、下の二人は小学生ですので、
とてもよく分かります。

特に男の子は、
はだしで遊んでますからね…。

今日は、爪の中の汚れについて、
家庭でできる方法を2つご紹介します。
  
  

歯ブラシを使ってお風呂で洗う

 
「爪ブラシ」が売っていますが、
汚れが落としにくくありませんか?

そこでおすすめなのが「歯ブラシ」。

皮膚科医の高山かおる先生の本
「ガサガサかかと」が危ない! 足の手入れが健康寿命を延ばす
を読んで知った方法ですが、
試してみたところ汚れが落としやすく、
以来、わが家ではこの方法です。
  
石けんをよく泡立てて、
足の指の一本ずつまでよく洗い、
爪の溝の部分に
毛が細めの歯ブラシをあてて、
歯を磨くように細かく動かして洗うと、
汚れがきれいになります。

歯ブラシは、皮膚を傷めないように、
毛の柔らかいものを選んでください。
  
      

道具を使って取り除く

フットケアグッズで、
爪の垢やゴミを取る道具があります。

足育アドバイザーの養成講座で、
フットケアの体験実習があって、
そのときに初めて
このような専用の道具がある事を知ったのですが、

爪の間のゴミがごっそりきれいにとれ、
大きな耳垢がとれたときみたいに、
「気分爽快!」でした。

爪のケアを専門にされる方や、
医療機関で使われているものには、
「ゾンデ」という名前がついていて、
数千円しますが、

雑貨屋さんで売られているものもあり、
こちらは1000円弱で買えます。

「爪垢とり」などの名前が
つけられているようです。

「ゾンデ」「爪」というキーワードを入れると、
検索でいろいろな商品が出てきますので、
予算に応じて探してみてください。

お読みいただき、ありがとうございました。
質問やご感想がありましたら、こちらまでお送り下さい。
 
 

●━━━━━━━━━━●
 今月開催の主催講座
●━━━━━━━━━━●

○乳幼児期の足育入門講座
2018年10月26日(金)10:00-14:00

乳幼児期の足育入門講座