「みんなでやりましょう」というときに参加しなかった子が、自分から参加するようになりました

お読みいただきまして、ありがとうございます。

みやざき足育センターの成田あす香です。

6月26日の親子足育クラスあしかは、室内での活動で、
「ロープだけで、どれだけいろいろな動きができるか」
などを楽しみました。

ロープに合わせて歩く。

ロープを腹這いでくぐる。

ロープをはいはいでくぐる。

ロープを跳ぶ。

ロープに向かって手を伸ばす。

布を洗濯ばさみではさんで、
洗濯物干しごっこ。

いろいろな遊びが生まれました。

写真を見ると、どの子も生き生きとして、
自分から参加しているように見えるかもしれませんが、
実は最初からこうだったわけではありません。

6月から参加している2歳児の男の子たちは、
2人とも最初はなかなか活動に参加しませんでした。

この日のスタートも、1人の男の子は、
お母さんにぴったりとくっついて離れません…。

それが、いつの間にか、お母さんから離れて、
ひとりでジャンプ!


 
 
足育クラスでは、
決して子どもを無理に活動に参加させることをしません。
 
それは、一緒に動いていなくても、
その場にいるだけで充分。
子どもは見て、感じて、
いろんなことを吸収していると考えているからです。

「自分もやってみたい」という気持ちが高まり、
自分から動き出した時、
子どもはとても高い力を発揮します。

今日は、6月から参加されている
2人のお母さん方の感想をご紹介します。

息子の様子をじっくり見ていきたい

(2歳1カ月の男の子のお母さん)

ここで教えてもらったことが楽しかったみたいで、
家で何度もリクエストをしてきます。

ここでの刺激は、息子の中にどんどん吸収されているようです。

今日は、前回休んだからか、スタートは調子悪かったです。

でも、皆の活動の様子をじーっと見て、
ようやくスイッチが入り、活動の中に入っていきました。

特にロープの時は、ジャンプが大好きなのでニコニコ跳んでいました。

息子は、周りの子から受ける刺激がいちばん吸収するみたいなので、
じっくり様子を見ていきたいと思います。

子どもの世界はステキです☆

周りの友達の動きを見て、「自分も!」という行動がありました。

(2歳6カ月の男の子&11か月の女の子のお母さん)

息子は、みんなで同じ動きをしていると後ずさりをすることがあり、
ダンスなどをしているところを見たことがありませんでした。

でも、足育クラスでは、
息子の個性を尊重してくださったのが嬉しく感じられ、
今日はどんな反応をするかなあと、楽しみに見てきました。

参加して1カ月が経って、
少しずつ自分から参加する意欲が見られます。

周りの友達の動きを見て、「自分も!」という行動が、
いくつかありました。

紐を使った遊びでは、
ジャンプにチャレンジしていました。

両脚を使って跳ぶイメージができてきているようで、
前よりもひざを曲げて「とぶぞー」という
意気込みが感じられます。

お友達から刺激を受けて、
周りの大好きな大人たちに応援してもらい、
嬉しそうでした。
友達とペンの取り合いになった時も、
「Rくんの!」と主張ができ、成長を感じました。

今までは、とられても何も言わなかったので…。

そして、このような子ども同士のやり取りを、
皆が見守ってくれるクラスの雰囲気。

ここで、これからいろんなことを
親子ともに学ばせてもらうんだろうなあと感じました。

足育クラスは、子どもの運動能力の発達をサポートするためのクラスですが、
発達の原動力になるのは、
「やってみたい」「まねしてみたい」という気持ちです。

自分もやりたい、やってみようと思って動きだした時には、
今までは、やっていなかったことが信じられないほど
伸び伸びとした動きを見せます。

子どもは、誰でも自分で育っていく力をもっています。

このクラスで一番鍛えられるのは、
親が子どもを信じて待ち続ける力かもしれません。

最後までお読みいただきありがとうございました。
質問やご感想がありましたら、こちらまでお送り下さい。