長男の一人旅

この記事は2分で読めます

おはようございます、
みやざき足育センター代表・足育アドバイザーの成田あす香です。

月曜日に奈良から帰って来たら、
先週1人で東京に行っていた長男(小6)も
予定通り無事に帰って来ていまして、
お土産をもらいました。

私のリクエスト「東京タワーかスカイツリーの模型」
も買って来てくれました。

東京タワーの足元って、足と同じ3点アーチ?
と思っていたのですが、
4点だったということが分かりました。

スカイツリーだと3点だったのかなあ?
    

今日は、長男の一人旅の話です。

長男は、夏休みの翌日から7泊8日で出かけ、
祖父母の家や自主保育の頃の仲間の家を訪れていました。

子供のころに東京で育ったこともあり、
行ってみたかったんでしょうね。

長男は昨年から「夏休みに東京に行きたい」と言っていて、
「自分のお金で、自分で計画していけるならいいよ」
と伝えました。

昨年は、ガイドブックを見て張り切っていましたが、
計画ができず、そのまま。

今年は、「ジャンプのイベントに行きたい」
ということが軸になったようで、

そのイベントに合わせて日程を決め、
祖父母や友達の家に連絡を取り、
飛行機のチケットを自分で買って(空港までは連れて行きましたが)、
行程表を作りました。

私たちが「荷物や現金は送った方がいいよ」とアドバイスしたら、

自分でヤマトに電話して荷物を取りにきてもらい、
自分で郵便局に行って現金書留を送りました。
(現金書留はまさか書けると思わなかったのでビックリ!)

やればできるのね〜スゴい!!と送り出しました。
 
 
  
そして、東京へ着いた翌日。

義理の母より
「着替えはいっぱい入っているのに、
 パンツが1枚も入ってない。
 こういうのは親がこっそり見ておくもんだ」
と電話がありました。
 
ごめんなさい〜
修学旅行では大丈夫そうだったから、
全く心配していませんでした。
  
夫が子供のころに、初めて1人で出かける時も、
そうしていたのだそうで…
大人になって初めてそんな事実を知りました。
 
しかし、夫は、
「自分は失敗したり、人に頼ることができない。
 子供のころに失敗してこなかったからかも…」
ということも考えています。子育てって難しいですね。
   
   

私たちが一番心配していたのは「電車での移動」でした。
でも、分からなかったら聞けば良いし、
なんとかなるだろう、と思ってました。

義理の母はやっぱり心配して、
私の実家→逗子の友達の家への移動は、
私の父に付き添いをお願いしたのだそうです。
  
でも、その後の友達の家の間の移動は、
まったくの1人で移動しました。
   
次の三河島の友達の家へ行くのは、
逗子→三河島と1人で移動して、
三河島の駅で友達の家に電話して
迎えに来てもらうことになっていました。

そのときに、電話のメモを忘れたらしく、
「電話番号を教えて」と我が家に電話をかかってきました。

ちなみに、その友達の家も
お母さんは出かけているタイミングで、
子ども達だけでお迎えに来てくれて、
子ども達だけで遊んでいたのだそうです。

すごいな〜みんな立派になりました。
 
最終日、友人家族は西日暮里公園のイベントに参加するため、
長男もそれに参加した後、西日暮里から羽田空港へ。

山手線で浜松町へ行き、
モノレールに乗って帰って来たそうです。
 
「電車は迷わなかった?」と聞くと、
全然大丈夫だったみたいな返事が返ってきました。
 
逗子から三河島へ行くときに、
電車に乗り遅れて30分位待って行ったそうですが、
迷ったりすることはなく、
 
「羽田空港は早く着きすぎちゃって暇だった」と言ってました。

「お昼はどうしたの?」と聞くと、
コンビニで買って食べたのだそうです。

いやいや、逞しいなあ。

やるって決めたら、本当に1人でできるんですね。

親が口出しする必要はないんだな、と思いました。

2015-07-29 05.24.02   
   
写真は、逗子の海にて。友達が送ってくれました。
   
祖父母や友達、協力してくれる方がいたから、
長男は貴重な体験をすることができました。

長男は何も言っていませんが、
きっと他にも力を貸して下さった方がいることでしょう。

その1人1人の方に、心から感謝します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

おすすめカテゴリー記事

RSS AmebaBlog 〜 身体も心も「足元」を育てる 〜