産後の気になるゆがみは、リセットのチャンス

お読みいただきまして、ありがとうございます。

みやざき足育センターの成田あす香です。

このたび、南青山にある『足から治療院』Creare(クレアーレ)院長、
新保泰秀先生が主催する『足のスペシャリスト養成塾』を修了し、
フットマスターの称号をいただきました。
 
    
人間の足首の関節は、骨格の構造上、
ゆがみが生じやすくなっています。
 
足の裏の同じところに、
いつも胼胝(たこ)ができる。
 
膝や腰が痛くなることがある。
 
肩こりがひどい。
 
この原因が、もしかすると、
足に関わっているかもしれません。

家に例えれば、土台、基礎にあたる足。

もし、足がゆがんでいたら……?
   
誰だって、いつも、いつまでも、
元気に楽しく歩いて、
人生を思い通りに楽しみたいですよね。

私もそう思います。

特に、子どもを育てるようになってからは、
自分が歳を重ねた将来、子ども達の将来を考えるようになり、
ますます「いつまでも元気でいたい!」と思います。
    
    
新保泰秀先生は、
『1日300歩ウォーキング』などの著者でもあり、
東京から宮崎に来られてのセミナーはいつも満員御礼。
  
私も、先生が宮崎に来られるときには、
毎回、ウォーキング講座に出て学んでいます。
 
足裏の重心の位置、つま先の向き、足の使い方という、
歩くときに気を付けるポイントの基本が、
シンプルにたった4つにまとめられているので、
 
特別にウォーキングの時間を作ることなく、
普通の日常の中で着実に歩き方を変えていけます。
 
そしてフットマスターが製作する
「オーダーメイド矯正インソール」を使うと、
この歩き方に足が導かれていきます。
 
足の悩みに対応するための中敷きは
いろいろ見たり聞いたりしましたが、
「この中敷きは他と違う、これなら!」
と思いました。

その理由がこちらに挙げる3つです。
 
 
☆靴の選び方と歩き方もセットで伝える

→中敷きを作ったものの、
 お蔵入りしている人の多くが、
 靴や歩き方まで見てもらっていません
 
 
☆どの靴にも入れ替えて使うことができる
 
→オーダーメイドの中敷きは、
 靴ごとに作らなければいけないものも多いです
 
  
☆重心のかけ方などの癖が出てしまう立位ではなく、
 荷重のかからないうつぶせの姿勢で、
 本来あってほしい理想の足に合わせて作る
 
→だから、
 一生に渡って同じものが使える

足育クラスに参加されているお母さん方も、
新保先生のウォーキング教室に参加して中敷きを作られ、
姿勢や歩き方に変化が現れています。
  
 
産前産後のお母さんは、
ホルモンの関係で足の関節がゆるみやすくなっています。

また、妊娠に伴って体重が増えたり、
大きなお腹をかばった歩き方になったりして、
足に負担がかかります。
 
それで足のトラブルが起こりやすいのですが、
視点を変えれば、
産後は足をリセットするチャンスでもあります。

出産に伴って変化したからだが元に戻るまでには、
2年かかると言われています。
 
生まれ変わるチャンスの産後のお母さんの足と、
これから発達していく子どもの足。

親子で一緒に足を育てる生活で、
一生を元気に楽しく歩ける足を創りませんか?
 

ウォーキングや中敷き製作などを含めた、
お母さん向けの新しいプログラムの
企画を進めていますので、
楽しみにお待ちいただければと思います。

最後までお読みいただきまして、
ありがとうございました。