みやざき子育て支援センターで足育講座

2018年1月26日、宮崎市みやざき子育て支援センターで足育講座を行い、
お申し込みくださった12組の親子が参加されました。

今回は、あらかじめメモ用紙に質問を書き出していただき、
それを元に講座を進めていきました。

20件以上の質問を寄せていただき、
あっという間の1時間でした。

最後は、この支援センターでいつもやっているという「じゃがいも体操」で結びました。

子どものよりよい体の発達を促すために、次の3ポイントを意識していただきました。

・お母さんがめいっぱい体を動かしてする
→子どもは模倣する力に長けているので、良い見本を見せる

・左をやったら右もやる、前まわしをしたら後ろ回しをする、というように、反対の動きも心がける 
→遊びを通して体をバランスよく使う

・赤ちゃんの場合、お座りできない子を座らせない。動きを見せたり、抱っこしてゆらして遊んだりする形で遊ぶ
→身体の発達にあった動きで遊ぶ

思い切り動いて、
子どもに体操を見せてあげたお母さん達。
知らず知らずのうちに輝く笑顔になっていました。

それでは、講座を受けてくださった皆様のご感想を紹介いたします。

≪今日から取り組むこと≫
* 抱っこのしかたを変えてみたいと思う
* マッサージをする
* 抱っこの時、片寄らないように気を付ける
* 安い靴、少し大きめの靴などを選ばないようにしたい
* どうしても値段や子どもの好きなキャラクターで選ぶことが多かったので、今日学んだポイントを参考に靴を選びたい
* 土踏まずのマッサージをしようと思います(※注釈:「このぶたちびすけ」の足指あそびを通して、足を背屈する動きをご紹介しました)

≪ご感想≫

* 靴の選び方など参考になりました
* どれも初めて聞く内容だったので、勉強になりました
* 足育という言葉を初めて知りました。これからの成長でも気になることがあったので、お話を聞けて良かったです。
* 6歳までの足の発育や、靴選びの大切さを知ることができて良かったです。
* 初めて聞く話ばかりで勉強になりました。爪の切り方にも注意しようと思います。

以上、ご感想の紹介でした。

次に、主催の「みやざき子育て支援センター」のご担当者様の声です。

支援センターを利用される保護者より、靴の選び方の質問が多く、
「未就学児の保護者に的確かつ分かりやすく伝えていただける」
と思ったので、依頼を決めました。

保護者の関心、ニーズの高い講座の為、
足に関する情報や具体的なアドバイスをしていただいて、
子育て中の方々にとても参考になったようです。

このたびの足育講座の機会をいただきましたことに、
心より感謝申し上げます。

宮崎県内を中心に、子育て支援センターや幼稚園・保育園・学校の保護者研修会などへ足育講座に伺っております。詳しくはこちらのページをご覧ください。