おしくらまんじゅう

この記事は1分で読めます

今度の土日は、今シーズン一番の寒さになるそうですね。
寒い最中にいると、早く春にならないかなと待ち遠しいです。    
でも、春が来ると嬉しいのは、冬の寒さがあってこそですよね。   
また、昔のことを思い出すとき、そこには必ず、自分の肌で感じた季節があります。     
       
私は、四季のある喜びを子ども達に伝えたいと思っています。
そこで「すくすく足育クラス」では必ず季節のあそびを取り入れています。  
1月は、おしくらまんじゅうで遊びました。
 
「おせよ おせよ さむいで おせよ」 

二人で向かい合わせになって立ち、うたのリズムに合わせて手で押し合います。 
知らず知らずのうちに、足指でしっかり床をつかむように踏ん張って、転ばないように姿勢を保っているのが分かります。
1~2分していると、あっという間に身体がポカポカと温かくなりました。
   
絵本にも、おしくらまんじゅうを題材にした作品があります。  

おしくら・まんじゅう

 
「おしくらまんじゅう おされて」
 「ほっかほか~」

言葉に合わせて一緒にやってもらうと、「ほっかほか~」とお母さん達が太陽のような笑顔で、お子さんを抱きしめていました。
寒いお部屋に、春が訪れたようでした。
       
あなたも一緒に「おしくらまんじゅう」で冬の寒さを楽しく乗り切りましょう。
  
  
みやざき足育センター
 足育インストラクター 成田あす香

*すくすく足育クラスの詳細はこちらをご覧ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

おすすめカテゴリー記事

RSS AmebaBlog 〜 身体も心も「足元」を育てる 〜