4歳の兄の脚の形が気になっています《メールde足育相談室vol.167》

☆・…─メールde足育相談室「教えて!あす香さん」──・…☆

今日もお読みいただき、ありがとうございます。
みやざき足育センター代表・JEFPA認定 足育インストラクターの成田あす香です。

メールマガジン《メールde足育相談室「教えて!あす香さん」》
のバックナンバーをお届けします。

新富町の八幡保育園子育て支援センターにて、
足育講座をさせていただいたのですが、
講座終了後の質疑応答の中からご紹介します。

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.

4歳の兄のことなのですが、
足首が内側に倒れているような、
X脚のような感じが気になっています。
大丈夫でしょうか?

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.

ご質問を頂きまして、ありがとうございます。
   
今お子さんの足が見られないので分からないのですが、
分かる範囲のことでお答えしますね。

子どもは発達の過程で脚の形が変化します。

赤ちゃんの頃はО脚のような形ですが、
3~4歳の頃にかけて
X脚のような形になる時期があります。

ただ、その程度によっては、
病院に相談した方が良い場合もあります。

病院に相談される場合は、整形外科が専門です。
子どもの足に詳しい整形外科に行かれてください。
  
  
ご家庭でできることとしては、
一番に靴選びがあげられます。
  
靴のかかとの芯(ヒールカウンターと言います)が
しっかりとしているものをを選んでください。
 
ヒールカウンターがしっかりしていることによって、
踵の骨を靴で支えることができます。
 
そうすると、足首が内側に倒れないように、
靴でサポートしてあげられます。

この靴を履いて、歩く時間を増やしたり、
身体を動かすあそびを多くしたりして、
足の筋力を高めていきましょう。
  
ご質問をいただき、ありがとうございました。


この記事は2016年11月9日(水)発行のメールマガジンのバックナンバーです。
(メールマガジンの登録はこちらからどうぞ)


コメントを残す