ビルケンシュトックって、どうですか?《メールde足育相談室vol.149》

この記事は3分で読めます

☆・…─メールde足育相談室「教えて!あす香さん」──・…☆
 
今日もお読みいただき、ありがとうございます。
みやざき足育センター代表・JEFPA認定 足育インストラクターの成田あす香です。

毎週火曜日に発行しているメールマガジン《メールde足育相談室「教えて!あす香さん」》のバックナンバーをお届けします。
  
ここ最近、違う方3人から同じ質問をいただきました。

うーん…そろそろ夏だからでしょうか?
 
  
・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚
 
 ビルケンシュトックって、どうですか?
  
・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚

 
…そうですね。
 
どんなに足に良い素晴らしい商品であったとしても、
その方の足に合っていない履き物であれば、
それは良いものとは言えません。
 
だから、
「ビルケンシュトックって、どうですか?」
と言われましても、
「いいです」とも「良くないです」とも
答えることはできません。

…とまあ、これで終わりではあんまりなので、
あなたがビルケンシュトックのサンダルが欲しい、
という前提で、お伝えできることをお話しますね。
      
      
ビルケンシュトックの特徴と言えば、
足のアーチやかかとの丸み、足指の空間をサポートする
フットベッドですよね。
 
このフットベッドが丁寧に作られているゆえに、
サンダルであっても、
サイズ選びはとても重要になってくると思います。
  
だって、フットベッドのアーチと足のアーチが合っていないと、
フットベッドの意味がないですよね。
     
   
靴のメーカーによって、靴のサイズは異なります。
 
だから、靴のサイズではなく、足のサイズを把握した状態で、
まっさらな気持ちでサイズを選ぶことが大切です。
(私の靴のサイズは〇〇センチと決めつけない、ということです)
      
      
ビルケンシュトックは、宮崎には直営店がありませんが、
よくご質問をいただく商品なので、
関東に行ったときに直営店に伺ったことがあります。
    
店員さんがとても丁寧に商品の説明をしてくださり、
足のサイズも測っていただけました。
   
直営店で買うことができるのであれば、
店員の方にサイズを測ってもらい、
適正なサイズを一緒に選ばれるのが良いと思います。
   
      
もしも、直営店以外で買う場合は、
自分で足のサイズを測っていきます。
      
ビルケンシュトックは、
オンラインショップに測定シートが準備してあり、
これを印刷して、簡単にサイズが測れるようになっています。
  
さすが、足へのこだわりを感じますね。
   
   
あ、あと、靴下で履いている方、
裸足で履いている方、両方をお見かけしますね。
    
靴下でワンサイズくらい変わることもあるので、
どちらで履くかを決めた上で、選んでください。
    
      
また、サンダルのデザインを選ぶときは、
甲の部分にストラップのあるサンダルと、
つっかけ型のサンダルで、歩き方にも違いが出ます。
   
甲の部分にストラップがあるデザインの方が、
足と一体化しやすいのでおすすめしたいですが、
用途やファッション性のご希望もあることと思います。
    
そもそも、サンダルは、
長い時間に歩くために履くものではありません。
  
それを頭に入れて、選ばれると良いのではないでしょうか。
  
   
そして、これにしようかなと心が動いたら、
必ずためし履きをしつこいくらいに(笑)すること。
「どこも気になるところはない」ということを確認してください。
 
履き物に関しては「そのうち慣れる」ということはありません。
 
なんとなく気になるところは、
履いているうちに、ますます気になるようになるものです。
 
少しでも気になるところがあれば、
潔く買わない、履かない、という選択をしてくださいね。
  
  
大人の履き物は、
足が快適であると同時に、ファッションとしての顔も大事ですよね。
 
ビルケンシュトック、
私にとっては幅が広すぎて履きにくかったですが、
ナチュラルな雰囲気が素敵だな~と思いました。

足に合う素敵な履物に巡り合えることをお祈りしています。


この記事は2016年6月28日(火)発行のメールマガジンのバックナンバーです。
メールマガジンの登録はこちらからどうぞ→http://ashiiku-miya.com/?page_id=222


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

おすすめカテゴリー記事

RSS AmebaBlog 〜 身体も心も「足元」を育てる 〜