小6の長男とゲーム

おはようございます、
みやざき足育センター・足育アドバイザーのあす香です。
  
  
 
週末のこと。

一緒に買い物に行った小6の長男が、
コンビニで5000円を出して
ウェブマネーカードを買おうとしました。
 
突然カードと5000円という大金が出て来たものだから、
私はビックリして、
レジで慌てて「ちょっと待って、それ何に使うの?」
と取り乱して言ってしまいました。

「ゲーム」と言うので、
「ダメ!それは絶対にダメ!!」の一点張り。

「あ、そうだ。ここはレジだった」と思い出し、
レジの人に「すみません、これは無しで」とお願いしました。
 
とりあえずは買わずに店を出ましたが、
なぜダメなのかということを、
なんと説明をしたら良いのか分からず、
(ダメな理由は、ゲームにハマってお金を
 使いすぎてはいけないから、なんですが)
 
「ゲームにお金を使うもんじゃない」とか、
「おばあちゃん達は、そういうことに使う為に
 お年玉をくれたんじゃないよ」
とか、もうホント本人が納得するような声かけは出来ませんでした。
 
 
そのことを、私の師匠の横川裕之さんに報告したところ、
(何でも報告してますね・笑)

「木下晴弘さんの本に、思いっきりやらせてみるのもいい、と書いてありましたね」
「ゲームのやる気をなくす方法として、紹介されていたのが、目標を設定させて、毎日報告させる」ということを教えていただきまして、

あるアイディアを思いつきました。

子育ての方針で、テレビもない、ゲームもないを
貫きたいと考えていたのですが、

長男が「調べ学習をするのでインターネットを使いたい」
と言ってパソコンを使い始めたのをきっかけに、
今は毎日パソコンでアニメを見たりゲームをしたりしています。

「もともとさ、パソコンはどうして使って良いことにしたんだっけ?」
と長男に聞くと、

「調べ学習」という答えが返ってきました。

「そうだよね。アニメを見たり、ゲームを見たりしても、
 ちゃんと今日は何をやって、どんな成果があったのか、
 文章に書けば、ちゃんと調べ学習になるよ。
 自学ノートに書くことにしたらどう?」
と提案し、

今朝から始めました。

ノートを書く時間のために、
パソコンの時間が削られ、ぶつくさ文句は出ましたが、

自学ノートには、
「ドラゴンブレイブをする。また同じモンスターだった。・・・」
ときちんと書いてありました。

さて、これを見た先生の反応はどうなるかしら??

そして、明日からもちゃんと続くのか???

乞うご期待!
 
 
 

ひっそりと・・・
足育アドバイザーのつぶやき。

本当はね〜足育の観点では、
あまりゲームはお勧めしたくないな〜。

パソコンしている時の長男の姿勢の悪さを見ると、
もうクラクラ・・・見なかったことにしてます(苦笑)

コメントを残す