幅広で甲高の娘に合うファーストシューズは?《メールde足育相談室vol.130》

この記事は2分で読めます

。:*━♪━*:。━♪━。:*━♪━*:。━♪━。:*━♪━*:。

1歳1ヶ月になる娘のファーストシューズを探しています。
家の中では歩くのですが、靴を履かせると嫌がって歩きません。

アシックスのすくすくが良いと聞いたので購入してみたのですが、
つま先が入りずらくて、足に合いませんでした。

娘の足は幅広甲高だと思いますが、オススメのメーカーなどはありますか?

。:*━♪━*:。━♪━。:*━♪━*:。━♪━。:*━♪━*:。

ご相談を頂き、ありがとうございます。

本当に幅広甲高なのかどうかは、お子様の足を計測してみないと分からないのですが、幅広甲高に合わせやすい靴ということで答えさせていただきますね。

まず、オススメのメーカー、というのはありません。

なぜかというと、メーカーの中でも、いろいろなデザインを用意していることがあるからです。(一つのデザインしかないメーカーもあります。)

アシックスのすくすくを購入されたとのお話ですが、すくすくには平均的な足の幅向けと、幅が細い足向けと、幅が広い足向けの、3つの木型のデザインがあります。

また、他のメーカーで、幅が広い足向けのベビーシューズを出しているところもあります。

先日、AEON MALLの靴屋さんに行ったときには、ニューバランスのベビーシューズで「ワイドフィット」とタグがついている靴を見かけましたね。

靴の説明POPなどに「ワイド」「幅広」と書いてあるもの、具体的な幅広ウィズ「3E」などと書いてあるものを探して、ぜひ試してみてください。

(参考)asics:GD.WALKER®BABY-HI
ワイド幅。足底装具などの必要なお子様も使える靴で、踵周りもがっしりと作られています。
icon
icon

(参考)ニューバランス:FS574H II
「ワイドフィット」です。

NEW BALANCE FS574H GI II

 
 
 
それから、靴の羽根のデザインもポイントです。
「外羽根式」か「内羽根式」かによって、足への合わせやすさが変わってきます。

「羽根」とは、靴の履き口、紐靴の紐を通す部分のことです。ベビーシューズでは、ベルクロ(マジックテープ)がついています。

「内羽根式」は、羽根の部分が甲の前の部分に潜り込んだ形の靴を言います。
(参考)asics:コンフィFIRST MSⅡ
icon
icon

「外羽根式」は、羽根の部分が靴の甲に乗った状態になっている形の靴を言います。
(参考)asics:ファブレ®FIRST MSⅡ
icon
icon
  
「外羽根式」の靴だと、羽根の部分が全開するので、靴の脱ぎ履きがしやすく、締め具合の調整もしやすい特徴があります。

つま先が入りずらかったというお話ですが、今お持ちの靴は内羽根式なのかもしれませんね。

履かせやすくて、甲が高くてもフィットさせやすい外羽根式、ぜひ探して試してみてください。
 
 
最後に… 買うときには、必ず中敷を出して足を合わせてみましょう。

靴の上から触ってみても、意外と足に合っているかどうかって分かりにくいのですが、中敷きを出して足を乗せると合っているか見極めやすいです。

爪先のゆとりは適当か、爪先のデザインと足指の形が合っているか、幅がちょうどよく収まっているか、丁寧にチェックしてくださいね。
 
 
もしも、インターネットで取り寄せる場合には、こちらの記事も参考にされてください。
「インターネットで靴を買うのはダメですか?《メールde足育相談室vol.124》」
 
 
足に合う良い靴が見つかりますように!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめカテゴリー記事

  1. 2017.03.26

RSS AmebaBlog 〜 身体も心も「足元」を育てる 〜