4人の子育てで高い靴が買えないけれど、できるだけのことはしてあげたい《メールde足育相談室vol.129》

この記事は2分で読めます

足育講座を聞いてくださったお母さんから、メールにてご相談を頂きました。

。:*━♪━*:。━♪━。:*━♪━*:。━♪━。:*━♪━*:。

先日、子育て支援センターでの足育講座を聞きました。

お話を伺って、靴の大切さが良く分かりましたが、
うちは4人の子育てをしていて、あまり高い靴が買えません。

それでも、できるだけのことはしてあげたいです。

何か、できることはありますか?

。:*━♪━*:。━♪━。:*━♪━*:。━♪━。:*━♪━*:。

メールを頂きまして、ありがとうございます。
足育講座を聞いて下さった方ですね。

4人もお子さんを育てていらっしゃるとは、素晴らしいですね。

そして、限られた予算の中で、できるだけのことはしてあげたい、というお母さんのお気持ちに、感動しています。

まず、大切なことは「サイズアップを確実に」ということです。

靴のサイズチェックを、日程を決めてすると忘れにくいです。

幼児期の秋冬は3ヶ月に1回、春夏は毎月の頻度で、中敷きに足を載せてサイズをチェックしてあげてください。

もし、小学生以上のお子さんがいらっしゃたら、春休み・夏休み・冬休みに靴のチェックをすると良いです。

次は「靴選びのチェックポイントをできるだけ多く満たす靴を選ぶ」ということです。

特に外せないポイントが、次の点です。

・足の甲をベルクロや紐で止めるタイプである
・足指の曲がる部分で、靴底も曲がる
・足の指が圧迫されないデザインである

最後に「買おうとしている靴に欠陥がないかチェックする」ということも加えたいです。

リーズナブルな靴は、作り方が粗雑だったり、検品が甘かったりすることもあります。

これは、お客様の靴選びに同行したときの話ですが、気に入ったスニーカーを試し履きされて、どうにも足裏のバランスが変な感じがするとおっしゃいます。

そのスニーカーを脱いで、棚の上に並べてみたら、なんと左足の靴が傾いています。
靴底の張り合わせとか、どこか粗雑になってしまった靴なんでしょうね。

リーズナブルな靴だと、こういうものに遭遇する可能性も高くなると思いますので、より丁寧にチェックして買うことが大切ですね。

ちなみに、この靴の価格。私は「3,980円くらいでは?」と思いましたが、プライスカードを見ると5,000円台でした。

最後の最後に、靴も大事ですが、足を育てることはもっと大事です。

たくさん歩かせて、たくさん外で遊ばせて、お母さんも一緒に歩いて、元気な足を育ててくださいね。

ご相談をいただき、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめカテゴリー記事

RSS AmebaBlog 〜 身体も心も「足元」を育てる 〜